« カナ(レバノン)で起きたことの真実は | トップページ | 本「(カルチャーショック)アメリカ人」by エスター・ワニング »

インカって!?

同室の保育士Eが「日本人は声が高い。”インカ”とか...」と言い出した。

じゃりんこ:インカ?何それ?
E:インカを知らないの?日本の音楽だよ。
じゃりんこ:日本のグループなの?
E:日本のフォークミュージックだ。

フォークミュージックといわれてついフォークソンググループを思い浮かべ、でもインカなんてなかったよなぁと思っていると

E:インカで一番有名な人は...ええと...確か...キヨシっていうんだ。
じゃりんこ:インカ...キヨシ...

もうおわかりでしょうか(^^)?そう、Eは「演歌」のことを話していたのです。

じゃりんこ:ああ、それは「エンカ」よ。インカじゃないわ。
E:エンカ?...ABCのA?
じゃりんこ:そうそう。Aよ。Eじゃないの。あ、そうか、英語にすると enka って書くわけね。でもって、そうか、たとえば English はイングリッシュで「イ」と発音するから、enka はインカになってしまうのか...

でも en で始まる単語がいつも「イン」と発音されるわけじゃない。たとえば end (エンド)、entertainment (エンターテインメント)、engineer (エンジニア)など、「エン」と発音されることもある。engage は「インゲイジ」とも「エンゲイジ」とも読める。ほかにも、encounter, encourage など、e が「イ」とも「エ」とも読める、というのは結構多い。アイルランドの歌手 Enya は「エンヤ」なのだから、Enka と書いて エンカと読んでもよさそうなものだけど、英語の発音はややこしい。でも、「じゃあ漢字はどうなんだ」と言われたら返す言葉がないか(^^;)。

|

« カナ(レバノン)で起きたことの真実は | トップページ | 本「(カルチャーショック)アメリカ人」by エスター・ワニング »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/11226683

この記事へのトラックバック一覧です: インカって!?:

« カナ(レバノン)で起きたことの真実は | トップページ | 本「(カルチャーショック)アメリカ人」by エスター・ワニング »