« 放送大学面接授業「英文マンガで読む社会学」 | トップページ | 本「フィールドワークへの挑戦」by 菅原和孝 »

地雷除去弁

通販生活の秋号が届いた。今回、特に私が気に入ったのは「売ってない商品カタログ」のなかの、「地雷除去弁」。写真のような弁当だが、説明は,
Mamegohan1_1「見た目はおいしそうな豆ごはんです。実際にもたいへんおいしいのですが、豆の中にいくつかワサビを固めて作った豆が混じっています。間違ってそれを食べたら、口の中は大バクハツ。慎重にそれを除去しながら食べていくというまさに決死の弁当です。ちなみに、豆はグリーンピース、平和の豆ですね。」

この中に本当にワサビで作ったものがあるんだろうか、でも、実際にお箸でさわったら絶対わかるよね、なんて、娘達と一緒にちょっと真剣に考えてしまった(^.^)。しかも、現実は、ブツはこんなふうに目に見えているわけじゃなく、埋め込まれているんだからもっと大変だ。そうか、豆ごはんのなかに埋め込んでおけば..(^.^)(現実に地雷除去に取り組んでいる方にすれば、笑い事ですまないのはもちろんですが...我が家の娘達は辛いものが大嫌いなので、つい受けてしまいました。)

これのほか、目出し帽ならぬ「口出し帽」っていうのも気に入った。
Kuchidashi1Kuchidashi_1
他人のことには口出ししない、という世の風潮に対して、「口出ししようよ」という主張のもとにデザインされている。ご覧のように、とっても可愛い(^^)。この「商品」の解説が、また軽妙でおもしろくて(作:天野祐吉さん、立体製作:ミハラチカさん)...通販生活、書店ででも見てみてください。

通販生活で買い物をしたことはほとんどないけど(興味をひかれる商品はたくさんあるんだけど)、記事はおもしろいものが多いです(^^)。

|

« 放送大学面接授業「英文マンガで読む社会学」 | トップページ | 本「フィールドワークへの挑戦」by 菅原和孝 »

笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/11564070

この記事へのトラックバック一覧です: 地雷除去弁:

« 放送大学面接授業「英文マンガで読む社会学」 | トップページ | 本「フィールドワークへの挑戦」by 菅原和孝 »