« 浦島太郎状態 | トップページ | 子どもの休憩時間は教師の仕事時間 »

映画「ユナイテッド93」

2001年9月11日にハイジャックされた4機の飛行機のうち、目標に到達することなく墜落したのがユナイテッド93便。その機内で何があったのか、ということを「事実に基づいて」ドキュメンタリー風に描いた映画。

飛行機に乗るっていうのは、私の場合、まず、旅へ行くときなので、ウキウキした気分のことが多い。飛行機に乗り込む人々が映し出されるシーンを見ながら、そんなことを考えていた。やがて、飛行機の航行を管理する管制センターのシーンになる。飛び交う飛行機に指示を出す人たちを見て、「私にはこういう仕事はできないなぁ」と思う。管制センターでは、アメリカン11便と交信ができないことに気づき、何かがおかしいと感じ始め、ハイジャックの疑いが持たれる。軍と連絡を取り、事実を確かめようとの努力がなされるなか、ワールドトレードセンターが炎上しているというニュースが入る...

ユナイテッド93便にも「テロの実行犯」が乗り込んでいた。彼らは時機を見て活動を開始。爆弾を示して、乗客を威嚇。スチュワーデスを脅し、コックピットを開けさせて、乗っ取る。機内はパニック状態になる...が、やがて落ち着いてなんとか対処しようとする人が出てくる。

ここで描かれているようなことが事実なのだとしたら、すごいと思う。最後まであきらめず、なんとか状況を改善しようとする人たち。何か事を成すときに意見をまとめるのは平常時でもむずかしいのに、みんなで力をあわせてテロの犯人に立ち向かっていく。

でも、ここで描かれているのはあくまでも想像に基づくものだ。ユナイテッド93便の乗員乗客は全員死亡している。飛行機の電話を使って家族に電話した人がいたから、その話などをもとに創作されたのだろう。ただ、ブラックボックスを解析しても、このような事実があったと思われるような会話はなかったともいう。そもそも、ユナイテッド93便は墜落したのではなく、首都にダメージを与えることを恐れた軍によって撃ち落されたのだ、という説もあるらしい。

何が真実なのかは私にはわからない。ただ、「この映画は事実をモチーフにしているけれど、想像に基づいて作られたものなのだ」ということはおさえておくべきだと思う。

|

« 浦島太郎状態 | トップページ | 子どもの休憩時間は教師の仕事時間 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/11722895

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ユナイテッド93」:

« 浦島太郎状態 | トップページ | 子どもの休憩時間は教師の仕事時間 »