« 絵本"I Love You: A Rebus Poem" by Jean Marzollo | トップページ | クリスクロスアップルソース »

ギブアップ

3-5歳児クラスに移って3週目。やはり子ども達は私の言うことはきかないので、昨日もう一度、園長先生に、私はこのクラスにはふさわしくない、と伝えた。

Aが強い調子で言うとほとんどの子ども達は話を聞くし、いったん話を聞く体制になれば、私が絵本を読んだり手遊びをしたりするのも楽しめる(手遊びで受けたのは"Baby Bumblebee" だけだけど)。でも、Aがいないと子ども達を話を聞く体制にすることができない。早番のAが帰ってしまうと、子ども達は好き勝手なことを始めてしまい、教室が秩序のない状態になってしまう。

昨日、私の仕事時間が終わったあと、園長先生と話していたら、別のクラスで事故が起こって園長先生はその対応に追われることになったため、話を終えることはできなかったが、今朝、副園長先生から、「来週から1歳児クラスにもどっていい」と伝えられた。保護者からも不満の声があがりはじめていたので、決断されたのだと思う。

昼休みに副園長先生と話し、「今後も少しずつでもこのクラスと関わるようにすれば」とすすめてくださったので、そうさせてもらおうと思っている。1歳児クラスから代わることなど考えていなかったのだけど、もっと3-5歳児のことを勉強して、もっと魅力的な活動も用意して、またの機会に備えたい。

|

« 絵本"I Love You: A Rebus Poem" by Jean Marzollo | トップページ | クリスクロスアップルソース »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

気になってたので1歳児クラスに戻られること、
ちょっとほっとしてます。
1歳児クラスでしっかりてなづけておいた子達を(ワルイコトバ^^;)
3-5歳児になった時に持てたら少し自信がつく・・・
ってことはないかなぁ。

今後もじゃりんこさんが楽しく子供たちとかかわっていけますように^^

投稿: ぴよ♪ | 2006.09.28 07:12

お疲れさまでした。じゃりんこ先生が優しすぎるのですよ。

がきんちょには、がつんと言わないとおとなしくならないのではないかな。前任の先生が厳しかったようなので、じゃりんこ先生に代わってがきんちょ達が羽を伸ばしているだけでしょう。

それにしても、羽目を外して厳しい先生に戻されてしまうがきんちょ達は、いずれじゃりんこ先生の優しさが恋しくなるでしょうね。

投稿: ジー | 2006.09.28 07:20

ぴよ♪さん、ジーさん、ご心配ありがとうございます(^^)。

ぴよ♪さん、

実は、1歳のとき私が担任していた子どもも
何人かそのクラスにいるのですが、必ずしも
うまくいきませんでした。
2歳児クラスは園庭が隣なので私のことをよく
覚えていますが、3歳児以上クラスに行って
しまうと、あまり接する機会がなくなるので、
4歳とかになると、かすかな記憶になってしまう
子が多いようです。

ジーさん、

そう、大声で怒鳴ったり脅したり(--;)しないと
言うことをきかないというのが(--;)...

でも、そうやってでも秩序を保たないことには
子どもにとって安全な環境でなくなってしまうわけです。
だから子ども達にとっては、優しいだけの先生よりは
きびしい先生のほうが魅力的なところもあると思います。
子ども達自身も、秩序があるほうが気持ちいいと
感じ始めているのではないかなぁと思います。
自分達でそれがわかって行動できるようになると
いいんですけどね。

投稿: じゃりんこ | 2006.09.28 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/12063227

この記事へのトラックバック一覧です: ギブアップ:

« 絵本"I Love You: A Rebus Poem" by Jean Marzollo | トップページ | クリスクロスアップルソース »