« クラス替え | トップページ | 絵本 "The Big Yawn" by Keith Faulkner »

苦戦中

3-5歳児クラス(プリスクール)に入って1週間。こちらの思い通りに動いてくれない子ども達に手を焼いている。

前担任がきびしい人で、教室のなかにたくさんのルールがある。たとえば「ごっこ遊びコーナーでは、赤ちゃんの人形で遊ぶだけならいいけど、食べ物のおもちゃは出してはいけない。」など。「せっかくおもちゃがあるのにそれじゃつまらないじゃん」と、お片づけをきちんとすることを約束して食べ物のおもちゃを出すことを許可しても、いざ片付けの時間になると片付けない。

「とにかく子どもが言うことをきかないのできびしくしなければいけない、時には怒鳴らなくてはいけない」というのが私にアドバイスしてくれる保育者達の共通した意見。怒鳴ったりしたくない、と思っていたのだが、子どもが納得できるように話す力もなく(こちらはスジの通ったことを言っているつもりだが、とにかく拒否される)、私ひとりだと教室は収拾のつかない状態に。何か楽しいことを、と思っても、それ以前に、子ども達をこちらに向ける力がないのだ。

結局、プリスクールから1歳児クラスに移ってきていたAが一緒に部屋に入ってくれることになった。彼女が大声を出し、悪い言葉使いをした子にはきびしく対処し、そうしてようやく保育者の話を聞く状況になる。Aは怒鳴るだけでなく、子どもが楽しめる話もするし、だから子ども達も彼女の話を聞くのだろう。

今日は都心で研修があり、一緒に行った副園長先生と話していたのだが、管理職側としては、「怒鳴って子どもを従わせる」、そういうクラスからの脱却を狙って私を配置したのだと言う。しかし現実は、言うことをきかない子どもを従わせようとして、子どもから反抗的な態度を引き出すだけで、「今日はこの子がどんなふうによくないことをしたのか」というのを記録する毎日。1歳児クラスで、毎日、子どもの良い面を見つけて観察カードを書いていたのとまるで反対だ。このままでは、子どもに楽しい経験をさせるどころか、子ども達の保育園生活がまるで楽しくないものになってしまう...

とりあえず、今日、副園長先生に保育園の鍵を貸してもらったので、明日の日曜日、保育園に行って、子ども達のファイルを読んだり、どんな教材があるのかを見て何ができるのかを考えようと思う。

|

« クラス替え | トップページ | 絵本 "The Big Yawn" by Keith Faulkner »

保育」カテゴリの記事

コメント

大変ですね。
いずれ慣れればもう少しはやりやすくなるんだろうけれど、きっと子どもたちも身構えているんだろうなぁ・・・

がんばってくださいませm∥_ _∥m

投稿: Cos | 2006.09.17 16:04

Cos さん、ありがとうございますm(^^)m。

今朝は長女の高校の文化祭に行き、その道々で
「やっぱりもとの1歳児クラスにもどして下さい」と言うべきだなぁと思っていたのですが、保育園に行っていろいろな活動のヒントの本などを見ているとやっぱりやってみたいなぁとか。
教室にいると園長先生が来てくれて、まあもうちょっとやってみよう、と話をしました。でもどうしても無理だと思ったら元のクラスに戻れるから、と。この1週間の様子を見て、私には荷が重過ぎるかも、とは感じておられるようです。
子どもたち、ひとりひとりは決してそんな「悪い子」じゃないし、楽しいことがたくさんできたらいいんですが。

投稿: じゃりんこ | 2006.09.17 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/11922103

この記事へのトラックバック一覧です: 苦戦中:

« クラス替え | トップページ | 絵本 "The Big Yawn" by Keith Faulkner »