« 映画「トランスアメリカ」 | トップページ | スピリットウィーク »

すみ絵 Sumie

ピアニストの秋吉敏子さんが、米国ジャズ界に貢献した人に贈られるジャズマスターズ賞というのを受賞された、と今日になってラジオで聞いて知った。これまでマイルス・デイビスとかソニー・ロリンズなどの大物が受賞していて、日本人では初の受賞だそうだ。

秋吉敏子さんという名前を聞いて、そういえば学生時代フルートを吹いていた頃、先輩に「秋吉敏子とルー・タバキン ビッグバンド」(だったと思う)のレコードを貸してもらったなぁ、と思い出した。そして、ラジオのトークのなかで「すみ絵」という曲名が出て、その曲をはっきりと思い出した。それまでの私にとって、フルートはわりとキラキラした優しい音色の楽器、というイメージがあったのだけど、ルー・タバキンのフルートは太い低い音から高い音まで自由に動き回り、今までのフルートのイメージとは全然違っていた。

試聴できるところがないか探してみたけど、このサイト の「すみ絵」はピアノによる演奏でフルートがなく、このサイト のは、フルートは入っているものの、演奏の雰囲気が全然違う。どちらのサイトのものも、調も違っている。

学生時代に先輩のレコードから録音させてもらったカセットテープをひっぱりだしてしばし聞き入った。ルー・タバキンのブレスの音で始まり、終始その息遣いが聞こえる。聞いていた次女は「尺八かと思った」と言っていた。フルートの自由な動きの下にベースが流れ、やがてピアノがかぶさっていく。私はこの後ジャズにのめりこむということはなかったし、フルートも全然うまくならなかったけど、これは言ってみれば「衝撃の一枚」だった。アルバムのタイトルが多分「SUMIE」だったと思うのだけど、はっきり覚えていない(「衝撃の一枚」なのに(--;))。 レコードを買っておけばよかったなぁと思う。もう廃盤で手に入らないだろうなぁ...

|

« 映画「トランスアメリカ」 | トップページ | スピリットウィーク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/12428743

この記事へのトラックバック一覧です: すみ絵 Sumie:

« 映画「トランスアメリカ」 | トップページ | スピリットウィーク »