« 自我はタマネギか | トップページ | かんしゃくを起こす子 »

赤ちゃんの部屋

前回の記事に少し書いたのだが、結局、0歳児後半(6ヶ月ー12ヶ月)クラスに移ることになり、昨日、今日と、数時間ずつ入った。この年齢は人見知りする子がいる場合も多いのだけど、そういう子がいなくて(男性はダメ、という子はいるようだが)、おだやかな赤ちゃんが多い。意味のある言葉を話す子はまだいないけど、泣いたり笑ったりでコミュニケーションできる赤ちゃん達。そういうのを見るのも楽しい。ただ、1歳児クラスや大きい子のクラスに比べて、どうしても、食事やオムツ替えなどの日常的なケアが中心になり、できる活動もかなり限られてしまうのは残念...なんて言ってないで、何か0歳児が楽しめる活動をさがしたり考えたりしなくちゃね。

|

« 自我はタマネギか | トップページ | かんしゃくを起こす子 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこさん、いろいろ大変なようですね。 うちの妻も「育児ノイローゼになりそうだ」(実際になっていたかも)と言っていた時期がありましたし、年齢によって難しさが違うのかも知れませんが、個人差があるように年齢差があるというのはとても楽しいことでもあるのではないでしょうか。 早く0歳児の楽しさ(0歳児が楽しめることがご自分にとっても楽しめることなのかも知れません)を見つけられることを祈っています。

今日は「キンキーブーツ」を観て来ました。 簡単に話の展開の想像がつくような映画でしたが、安心して観られて、そして元気が出ました。 お勧めだと思います。

投稿: axbxcx | 2006.10.05 18:24

axbxcx さん、ありがとうございます(^^)。
0歳児にとっては、見るもののほとんどすべてが
新鮮で、ちょっとしたことで喜んでくれるし、
赤ちゃん達の笑顔にずいぶん癒されることは
あります。

キンキーブーツは予告編を見ておもしろそうだな、と
思いました。
>元気が出ました。 お勧めだと思います。
ちょっと見にいきたくなりました(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2006.10.05 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/12151552

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんの部屋:

« 自我はタマネギか | トップページ | かんしゃくを起こす子 »