« すみ絵 Sumie | トップページ | 映画「ワールド・トレード・センター」 »

スピリットウィーク

同僚のMの娘さんは今、高校3年生。彼女の高校では、今週は "spirit week" といって、毎日いろんなテーマで楽しいことをしているようだ。
"Wacky tacky day" は、とにかくヘンな格好をしてくる日。以前、「ミスマッチディ」というのを書いたことがあるが、それと同じものだろう。
おもしろいな、と思ったのは "Gender bender day" 。これは性別にこだわらない格好をしてくる日らしくて、スカートをはいた男の子達が何人もいたとか(^^)。
最終日の今日は bonfire (キャンプファイヤーのようなもの)を楽しむことになっているらしい。

このほか、「自分の好きなスポーツチームを応援する日」だの、「先生と生徒が交代する日」だの、各学校で工夫をこらした日が設けられているようだ。日本では、 「ピアス、茶髪、ルーズソックスは禁止」なんていう高校も少なくないと思うけど、こんなふうに思いっきり楽しむことがあってもいい気がする。 「茶髪とピアスを禁止する大学にいたっては彼らには理解しがたいだろう。私でも信じられない。

|

« すみ絵 Sumie | トップページ | 映画「ワールド・トレード・センター」 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

日本の中学や高校にもそんな日が1日くらいあると、思い出になって楽しいだろうなぁ。
茶髪・ピアス禁止の大学なんてあるのですね。
どこぞのお嬢様系女子大は「ジーンズ禁止」があった気がします。
あと「2つ分け三つ編み」の髪型が校則の女子中学・高校もあったような。
(受験を進められたけど、イヤだと言ってしまいました。今でもそうなのかしら。)
きっと信じられないでしょうね(^^;

投稿: P | 2006.10.28 12:30

Pちゃん、お久しぶり(^^)。

ジーンズ禁止もすごいですね(^^;)。
基地で働き始めてよけいそう思うようになったのかもしれませんが、着るものとか髪型とかはその人らしさを表現する重要な要素だったりすることがあるなぁと思うので、それを簡単に規制するのはどうかなぁと思ってしまいます。

今日、長女の高校と次女の志望する高校で学校見学があり行ってきました。どちらの高校も制服がないのですが、子どもたちの規律が乱れているかというとそんなことはないです。先生と生徒が楽しそうにしている授業やしんとした授業。着るものを規制しなくても、子どもたちが自分をコントロールすることができれば問題ないわけですね。ただ、子どもたちにその力がない場合は、やはり服装から管理しやすくしていく、ということになるのでしょうかね。それにしても大学生に服装云々を言うのは信じられないですけどね。

投稿: じゃりんこ | 2006.10.28 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/12454620

この記事へのトラックバック一覧です: スピリットウィーク:

« すみ絵 Sumie | トップページ | 映画「ワールド・トレード・センター」 »