« 映画「明日へのチケット」Tickets | トップページ | 映画「トンマッコルへようこそ」 »

準備ができました(^^)

0歳児後半クラス(6ヶ月~12ヶ月)の子どもは、たいてい離乳食を始めている。うちの保育園だと、まずベビー用シリアル、ついでいわゆる市販のベビーフード(ジャーフードと呼んでいる)を一品目ずつ増やしていく。まずはフルーツ(もも、なし、アップルソースなど)、野菜(にんじん、さやいんげん、グリンピース、さつまいもなど)、それから肉(チキン)。でもって、9ヶ月くらいから、親の希望により、1歳児以上クラスの子どもたちが食べているのと同じメニューで、それを細かく刻んだり、小さめにカットしたり、という普通の食事(テーブルフードと呼んでいる)を食べるようになる。

ベビーフードの子どもは、ひとりずつ、保育者の膝に座らせて保育者が食べさせる。テーブルフードの子どもは、ハイチェアやローチェアに座って、基本的には自分で食べる。

先日ハイハイを始めたK(9ヶ月かな)は、今、テーブルフードに興味津津。そもそも、ハイハイを始めたのも、テーブルフードに近づきたい、というのが大きな動機になっている。テーブルフードを食べている子ども達をおすわりして眺めていたが、彼らが落とす食べ物に興味をもっったようで、なんとかそれをつかもうとして、おすわりの姿勢から手を前へ、前へとすすめるうちに、食べ物に到達。Kは今にもハイハイを始めそうだったので、おもちゃを少し遠くのところにおいて保育者がハイハイを促したりしていたけど、なかなかそれにはつられてくれなかった。やっぱり自分から興味をもったものが一番(^^)。

ハイハイができるようになった今は、テーブルフード用の椅子などをセットしはじめるとこちらにやってきて、おこぼれをねらっている(^^;)。床に落ちたものを口に入れさせるわけにはいかないので、そこから遠ざけて気をそらすようにしているが、こうなったらもうテーブルフードを食べてみてもいい時機だろう。

先週、遅番の保育者Tに、Kの様子を両親に話してもらうように言ったら、両親は「1歳まではテーブルフードを始めない」なんて言っていたそうだ。親にはいろいろな考え方があり、アレルギーが心配なので離乳食はゆっくりすすめたい、という人もいるので無理強いはできないけど、あれだけ興味を示しているKを見ていると、まあ食べさせてみてあげたいな、という気にはなる。それで、金曜日におかあさんにもう一度言ったら、「手でもって食べられるようなもの(クラッカーなど)を試してみようかな、と思ってるの」と言っておられたけど、今朝は試したかどうか聞きそびれてしまった。

というわけで、今日もKはテーブルフードの子ども達を見ているだけだった。でも、彼女自身がそこに座る日もそう遠くはないだろう(^^)。

|

« 映画「明日へのチケット」Tickets | トップページ | 映画「トンマッコルへようこそ」 »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/12761550

この記事へのトラックバック一覧です: 準備ができました(^^):

« 映画「明日へのチケット」Tickets | トップページ | 映画「トンマッコルへようこそ」 »