« 無料で募金のできるサイト | トップページ | 子どもが3人以上いる親は »

クリスマスケーキ2006

Cake06昨年に引き続き、じゃりんこ家からクリスマスケーキをお届けします。作ったのはもちろん私ではなく(^^;)、未来のパティシエ(?)、我が家の次女です。今年は生協でイチゴを注文していたので、届いたとき、「わ、これケーキに使っていい?」と予約されてしまいました。

昨日、すべての材料をチェックして買いそろえてあったはず、なのに、作り始めてみると、

次女:小麦粉がない!この間、1キロ買ったばかりなのに、どこへいったの?
母:使った。
次女:使ったって何に?(そんな小麦粉いっぱい使う料理を食べた覚えはないぞ!)
母:保育園でツリーのオーナメントを作るのに...
次女:使ったんならまたすぐ買っといてよ。買ってきて。今すぐ買ってきて。

...と叱られ(^^;)、小麦粉を買いにいく羽目に。
ところが焼いてみるとスポンジがうまくふくらまず(2cm くらいの高さにしかならなかった)、「もう一回焼いていい?」となり、結局、今度は自分で卵などを買いに行っていました。中学3年生がこんなことしていていいのか(--;)...

次はうまくいき(次女が言うには、卵を泡立てるときに湯煎をしたのがよかったのでは、とのこと)、長女とともに飾り付けを楽しんでいました。まあ、おかげでイチゴたっぷりの甘すぎないケーキを食べられてありがたいことです。

みなさんも楽しいクリスマス、あるいはクリスマスを口実に(?)楽しくお過ごしください(^^)。

|

« 無料で募金のできるサイト | トップページ | 子どもが3人以上いる親は »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

メリークリスマス(*^^*)

次女さんのケーキ、すてき~
文字が大人っぽくてイチゴと生クリームの白に似合ってる^^

>湯煎をしたのがよかったのでは
きっとそうですよ^^
こうやって身に着けたことは確実に自分のものになりそうだね♪

膨らまなかったスポンジの使い道を考えるのもまた楽しいね^^

投稿: ぴよ♪ | 2006.12.25 06:51

ぴよ♪さん、

あたたかいコメントをどうも(^^)。
「共だて」は「別だて」に比べて膨らみにくいそうですね。
「じゃあ、なんで別だてにしないの?」と訊くと、
「共だてのほうがきめが細かくなるらしい」と言っていました。

文字は、「ああっ!Chiristmas と書ききれないー!」と
叫びながら書いていました(^^;)。

膨らまなかったスポンジは、クッキーの抜き型で抜いて
一口カステラのようにして、友達にあげると言っていました。

投稿: じゃりんこ | 2006.12.25 07:25

いいなぁ。。わたしもそんな娘がほしい!! いつも、仲良さそうで、うらやましいです。ケーキ、めっちゃおいしそう!!

今年は実際に食べても、わたしの舌がもひとつなので、写真だけみて、目の保養させてもらいますー。(^-^) ありがとー。

投稿: ほしの まい | 2006.12.25 18:23

まいさん、

そうか、まいさんは娘さんはいないんだっけ...
男の子は母親を大事にするって聞いたことがあるよ(^^)。
うちはなかなか厳しい指摘をされたりします(^^;)。
ま、親が親だからね(^^;;)...

うん、ケーキは市販のあまーいのに比べるとやっぱり
美味しい、というか私達好みです(^^)。市販のものの
見てくれにつられて買って食べ、後で気持ち悪くなることって
あるから。もちろん、市販のもので美味しいのもあるけど。

舌の調子がいまいちなのはつらいよね...早くよくなることを
祈っています。

投稿: じゃりんこ | 2006.12.25 23:15

じゃりんこさん、家は今年も妻が一人で作っていました。 二人の娘は、今晩もまだ帰って来ていません。(苦笑) いやはや。

明日は夫婦50割引で「リトル・ミス・サンシャイン」に行って来ます。 昨晩はDVDで黒澤明監督の「生きる」と「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」を観たのですが、どちらも掛け値なしの名画ですね。 「マイ・ライフ…」、気になっていたのですが、観たのは初めてでした。 驚いたのは、今回観るのが三度目の妻が、子どもにDVの症状?が出ているのをハッキリとは認識していなかったことです。 私はDaniel Keyes(「アルジャーノンに花束を」の作者)の"The Minds of Billy Milligan"を読んでいたこともあって、多重人格になるのではないかと心配で仕方ありませんでした。

投稿: axbxcx | 2006.12.25 23:54

axbxcx さん、

奥様はケーキを作られるのですか。素敵ですね(^^)。
次女は『お菓子は人を幸せにする』が持論なんですが、確かに、生きていくのに必要な食事だけでなく、お菓子まで用意できるっていうところに生活のゆとりが生まれる気がします。

「生きる」は私も大好きな映画です。
「マイライフアズアドッグ」は見たことがありません。そのうち見てみようと思います。

犬といえば、先日、「アモーレス・ペロス」を見ました。よくできた映画なのだと思いますが、人間のいやな部分を目の前につきつけられるのは結構つらかったりしました...

「リトルミスサンシャイン」は私もぜひ見たいと思っています。楽しめるといいですね。

投稿: じゃりんこ | 2006.12.26 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/13188152

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスケーキ2006:

« 無料で募金のできるサイト | トップページ | 子どもが3人以上いる親は »