« ひとり立ち | トップページ | 映画「ジェニン、ジェニン」 »

久々に英語のナゾナゾ

右のサイドバーにヤフーリガンズへのリンクを貼っていても、行くことはほとんどないのだけど、先日久々に行ってみたらなかなか楽しめたので、少し抜書き。こういうネタを持っていると、うちのクラスの子のおねえちゃんとか、ちょっと大きな子と話すときに役立つので。軽い頭の体操のつもりでどうぞ(^^)。

1: What can run, but cannot walk?

2: What kind of star is dangerous?

3: How did the rocket lose his job?

4: How can you tell that the ocean is friendly?

5: How does a telephone propose to his girlfriend?

6: Who uninvented the airplane?

7: How do you cut the sea in half?

いかがですか? 私はひとつもわかりませんでした(^^;)が、答えを見てクスッと笑えたのを書きました。アメリカの小学生は楽しめると思うけど、日本の中学生にはちょっとむずかしいかもしれません。5番ならわかるかな。他のもわかったらエライ(^^)!

答えは

1: Water!

2: A shooting star!

3: He was fired!

4: Because it waves!

5: He gives a ring!

6: The Wrong Brothers!

7: With a sea saw!

ちなみに、

1番、うちの高2の娘は、「走ることはできるけれど歩けないものは何?」というこの問いに、「車」と答えました。それもありですね。

また、6番、うちの娘達に、ヒントとして、「飛行機を発明したのは誰?」と聞くと、「ライト兄弟」と答え、「ああ、じゃあ、Left Brothers?」と言われてしまいました。確かにこれもありですね。念のため、ライト兄弟は The Wright Brothers で、The Right Brothers ではありませんが、発音は同じですね。

|

« ひとり立ち | トップページ | 映画「ジェニン、ジェニン」 »

英語」カテゴリの記事

コメント

やっと来ましたーー。

むずかしいけど、おもしろいねっ、これ!!(^-^)

わたしもひとつもできませんでした。でも、答え見たら、なるほどーー! ていうのばっかり。

最後のがいまいち、ぴんと来ないけど。。それ以外は納得。また、時々紹介してくださぁい。

投稿: ほしの まい | 2006.12.17 09:40

まいさん、どうも(^^)。

最後のは、単に「海を切るならやっぱり海ののこぎりでしょ」っていうことで、それがギッコンバッタンのシーソー seesaw という言葉と同じ発音になるのを楽しんでいるだけじゃないかな、と思います。
うん、またいろいろ探してみます(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2006.12.17 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/12999745

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に英語のナゾナゾ:

« ひとり立ち | トップページ | 映画「ジェニン、ジェニン」 »