« ビデオ「美しき運命の傷痕」L'Enfer | トップページ | 友達と遊ぶ »

マイベスト映画2006

2006年度日本インターネット映画大賞(外国映画)に投票。

[作品賞投票ルール]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「明日へのチケット 」 7 点
  「リトル・ミス・サンシャイン」 6 点
  「RENT 」 5 点
  「トランスアメリカ 」 4 点
  「トンマッコルへようこそ 」 4 点
  「胡同のひまわり 」 4 点
          
【コメント】
「イノセント・ボイス」「ホテル・ルワンダ」「ココシリ」など、「事実に基づく」系の作品もよかったけど、軟弱な私は事実の重みを受け止め切れないので(^^;)、マイベスト映画は「作られた」作品から選ぶことにした。
「明日へのチケット」は電車、「リトル・ミス・サンシャイン」はミニバス、「トランスアメリカ」は車、とロードムービーっぽい作りのものが私の好み、ということかな。「リトル・ミス・サンシャイン」を見たのは2007年になってからだけど、2006年公開ということで。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ケン・ローチ     ] (「明日へのチケット」)

【コメント】
「明日へのチケット」は三人の監督の共同作品だけど、私が一番好きだったのはケン・ローチ監督のものだった。ケン・ローチ監督の「麦の穂をゆらす風」は重すぎて私には受け止めきれないけど、昨年活躍した監督として名前をあげることはできると思う。

【主演男優賞】
   [ドン・チードル    ] (「ホテル・ルワンダ」)

【コメント】
「ホテル・ルワンダ」での支配人役がデンゼル・ワシントンやウィル・スミスだったらずいぶん違った印象になっていただろう。この人のおさえた演技はホテルマンとしてはまり役だったと思う。

【主演女優賞】
   [フェリシティ・ハフマン] (「トランスアメリカ」)

【コメント】
女性の心を持つ男性、というのはむずかしい役どころだと思う。必要以上に女性的すぎたりして。仕草は女性らしいけれど、なよなよしているのではなく、誇り高い女性を好演。

【助演男優賞】
   [リーアム・カニンガム ] (「麦の穂をゆらす風」)

【コメント】
役どころがかっこよかった(^^;)。

【助演女優賞】
   [マリー・ジラン    ] (「美しき運命の傷痕」)

【コメント】
劇場で見た作品のなかからは思いつかなかった。「美しき運命の傷痕」に出てくる三姉妹のなかで、彼女の演じているアンヌは私とは一番違うタイプ。一途でまっすぐな感じがまぶしい。三人のなかで一番印象に残る人だった。

【新人賞】
   [パウラ・カレンベルク ] (「みえない雲   」)

【コメント】
原発事故という重いテーマを扱いながら、画面がそこまで暗くならなかったのは、彼女のおかげだと思う。被爆の後遺症で髪がみんなぬけてしまっても美しい人。天性の明るさがある感じ。

****
あと、【特別賞】を選べるなら、「南極物語」の犬達に(^^)。

昨年は30本以上スクリーンで見たから、私には結構多いほう。ドン・チードル以外、役者さんの名前は知らなくて、調べなければならなかった。

邦画はほとんど見ていないので投票しないけど、「かもめ食堂」はよかった。「ディア・ピョンヤン」や「ガーダ パレスチナの詩」などのドキュメンタリーも。この2作品については、直接監督の話を聞く機会があったからポイントが高くなってるっていう面はあるかな。どれも女性監督の作品というのもなんだか頼もしい(^^)。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以上の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

|

« ビデオ「美しき運命の傷痕」L'Enfer | トップページ | 友達と遊ぶ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

2006年度日本インターネット映画大賞のご投票ありがとうございました。
集計結果がすべて揃いましたので、正式発表いたします。
作品賞ならびに各賞全ランキングは、こちらをご覧ください。

http://www.mirai.ne.jp/~abc/movieaward_test/kontents/index.html

投稿: 日本インターネット映画大賞スタッフ | 2007.02.13 10:13

映画大賞、見せてもらいました。
大賞の「硫黄島」は見ていないのでなんともいえないのですが、講評にもあったように、結構単館上映の作品が多いのがおもしろいですね。
私の投票した「トンマッコル」と「RENT」がベストテン入りしていたので、なんか嬉しかったです。「明日へのチケット」に投票したのは私だけだった、というのはちょっとびっくりですが、誰でも電車が好きというわけじゃない、ということか、見た人の絶対数が少ないのか...

主演男優賞と主演女優賞は、私の投票した人がしっかり1位になっていて、私もなかなか平均的な目を持っているのかなぁと思いました。
今年も投票したくなるような映画にたくさん出会えるといいなぁと思っています(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2007.02.13 21:11

先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。
さて、日本インターネット映画大賞事務局では、今後もよりよい賞にすべく皆さまの声をお聞かせいただければと考えております。
そこで今回、アンケートを募集することにしました。お忙しいところまことに恐縮ですが、短いアンケートですのでご回答いただくようおねがいいたします。
URLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。

投稿: 日本インターネット映画大賞事務局 | 2007.03.10 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/13496408

この記事へのトラックバック一覧です: マイベスト映画2006:

« ビデオ「美しき運命の傷痕」L'Enfer | トップページ | 友達と遊ぶ »