« 世界地図 | トップページ | 五が一\(^∇^)/! »

ルイボスティー

先日初めてブルックスの「福袋」というのを買った。コーヒーのほかに紅茶やその他のお茶も入っていて、これはこれでなかなか楽しい。

我が家のふだんのお茶は麦茶なのだけど、今日はやかんに、福袋にあった「ルイボスティー」というのを入れてみた。ガラスのコップに注いだ次女、「何これ?」...一口飲んで、「げ、湿布の味」。そこへ長女が「食べたことあるの?」とつっこみ。「湿布の『におい』でしょ」と言いつつ、彼女も一口飲んで、「ああ、これは『湿布の味』と言いたくなる気持ちがわかる」と、すこぶる評判が悪い。

私は湿布のにおいとは思わないけど、確かにちょっとクセがあるかな。色はとってもきれいなんだけど。

次女:もう二度と使わないでね。
母:そんな。一袋あるんだもん、使わないともったいないじゃん。
長女:あたし、これ、学校に持って行きたくない。(彼女はいつもお弁当と水筒を持って行っている)
次女;職場に持ってって飲めば?
母:だってこれ、一パックでやかん用だよ。昼休みに飲みきれないでしょ。
長女:うーん、鼻をつまんで飲めばなんとか...(と実演中)

調べてみると、ルイボスティーはいろんな効用があるらしい。 熟睡できる、老化予防、高血圧改善、便秘改善、美肌効果、エトセトラ...ここまでいろいろ書かれているとまゆつばものに思えてくるし、いつでもすぐに寝られる(というか寝てしまう(^^;))我が家の面々にとって、興味のあるのは老化予防(私のみ(^^;))と美肌効果くらいだけど、ものは試し。娘達の非難は覚悟でちょっと続けてみよう...って、きっと一袋消費したらそれで終わるかな(^^;)。

|

« 世界地図 | トップページ | 五が一\(^∇^)/! »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界地図 | トップページ | 五が一\(^∇^)/! »