« Speak up? Kiss up? | トップページ | 英語のサイトを読むのに便利なマウスオーバー辞書 »

冷たい七面鳥(英語)

日本の保育園では、4月にいっせいにクラス替えがあるのが普通だと思う。その時点で1歳の子は1歳児クラスに入り、たとえば5月に誕生日がきて2歳になっても2歳児クラスに移ることはない。でも、うちの保育園では、基本的に、誕生日がきて1歳になれば1歳児クラスに、2歳になれば2歳児クラスに移る。2歳児クラスから3歳児以上クラスに移るときは、おむつがはずれていることが条件、など、必ずしも誕生日がきたから即次のクラスに移る、というわけではないが、日本とはやり方が違う。

こうして次のクラスに移るときには、1週間の移行期間(トランジションと呼ぶ)を設けている。月曜と火曜は9時から11時まで、水曜はお昼ごはんまで、木曜はお昼寝まで、そして金曜はお迎えまで新しいクラスで過ごす、というふうにして、徐々に新しいクラスに慣らしていく。

0歳児前半クラスのMが、来週からうちの0歳児後半クラスにトランジションすることになっていた。ところが、昨日になって、書類がそろっていない、とかいう理由で、トランジションはしない、などと管理職が言い出した。それでうちのクラスの保育者Mが言ったのが、

They will bring him in this room cold turkey.
(じゃあ、彼はこのクラスに コールドターキー(冷たい七面鳥)で来るっていうことね。)

cold turkey という言い方を私は知らなかったので意味を尋ねると、

「徐々にではなく、きっぱりと何かを変える」という状況で使われる言葉だそうだ。 "quit smoking cold turkey" (きっぱりとたばこをやめる)などのように使われる。cold turkey は名詞だけど、副詞的に使うことが多いようだ。

上の例では、移行期間なしで、いきなりうちのクラスに移す、ということになる。(このこと自体が、移行期間を杓子定規に守ることと比べてそんなに悪いことだとも私は思わないんだけど。子どもによっては、新しいクラスと前のクラスを行き来することでかえって混乱することがあるから、ずばっと次のクラスに移ったほうがいいこともあると思う。)

それはさておき、「冷たい七面鳥」がどうしてそういう意味になるのかをMに尋ねたけど、彼女は知らなかった。他にも3人のアメリカ人に聞いてみたけど、みんな意味は知っているものの(よく使われる表現のようだ)、語源は知らない。そこでネットで調べてみたところ、

cold turkey とは、広義では、「いきなり」「準備なしで」という意味だが、「冷たい七面鳥」(ターキーのハム)は準備のほとんどいらない食べものである。そういうわけで、準備なしにいきなり何かをすることを cold turkey という言葉を使って言うようになった。(オンライン語源辞典 から)

一方、Wikipedia では、"talk turkey" という言い方が、事務的に話す、冷静に話す、という意味になるのでそこから来た、という説(でもじゃあどうしてそれを talk turkey というのか、と訊きたくなる)が紹介されている。また、この言葉がよく麻薬などをやめるときに使われるのだが、麻薬を急にやめると冷や汗、鳥肌といった症状が出る。それが「冷たくなった七面鳥の死骸」に似ていることから、という説も。

私には最初の説がもっともらしく聞こえるけど、そんな説はたわごとだ、と書いているアメリカ人もいる。 この人は禁煙を始めて二日目で、cold turkey にやめる方法をとったのだけど、cold turkey なんて言い方はどこから来たのか、ということについて書いている。最後に、「意味のないブログを書くのが、たばこをほしい気持ちをまぎらすのにはいい方法だって知ってた?」と書いておられたのが笑えた(^^)。

結局、真相はわからずじまいだけど、まあ、ひとつ表現を覚えられたからいいか(^^)。

|

« Speak up? Kiss up? | トップページ | 英語のサイトを読むのに便利なマウスオーバー辞書 »

英語」カテゴリの記事

コメント

この表現、おもしろいなって思って、イギリス人に聞いてみました。
そしたらイギリスではじゃりんこさんが聞いたような状況では決して使わないらしく、彼にとってもびっくりされました。
イギリスではWikipediaの解説にあった、薬やアルコール、タバコ等の中毒患者が急にそれらを止めた時の禁断症状を現す時にしか使わないらしいです。
「突然に」という普通の表現で使うのはどうもアメリカだけなのかも。
おもしろいなーと思いました。

投稿: viviarosa | 2007.01.31 20:52

viviarosa さん、はじめまして(^^)。

そうなんですか、イギリスでは使わないんですか。
英語といっても所変わればいろいろ変わる、という話を今日も同僚としていたところで、そのことについてもまた書きたいと思います。
cold turkey については、そのうち、イギリス出身の友人とかにも聞いてみようと思います。
コメントありがとうございました(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2007.01.31 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/13579587

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい七面鳥(英語):

« Speak up? Kiss up? | トップページ | 英語のサイトを読むのに便利なマウスオーバー辞書 »