« 中学生のお弁当 | トップページ | 子守唄 »

プラスとマイナス(英語)

ねじまわしの話。

朝、まだ子どもが少ない時間に、プリスクールルームのKが部屋に来て「スクリュードライバー持ってない?」と尋ねた。
「あったと思うけど...ちょっと待って...ああ、あったあった。プラスかマイナスかどっち?」と尋ねて怪訝な顔をされ、そうだった、英語ではプラスドライバー、マイナスドライバーって言わないんだ、と思い出した。

プラスドライバーのことは Philips-head、マイナスドライバーのことは flat head と言う。マイナスドライバーがフラットヘッドー「平らな頭」と言われるのはまあいいとして、なんでプラスドライバーがフィリップスヘッドー「フィリップの頭」と呼ばれるのかは謎。同僚のMに聞いてみたけど、知らないと言う。日本ではプラス、マイナスって言うのよ、と話すと、「それは理にかなってるわね」と言う反応だった。

ネットで調べてみると、ヘンリー・F・フィリップスという人がプラス型のねじとドライバーを発明したのだそうだ。電動のスクリュードライバーで使うにはこのプラス型のねじのほうがマイナス型のものよりも有効だったらしい。

ちなみに、電池で動くアメリカのおもちゃは、たいていの場合(というか、私の知る限りではすべて)、電池を入れる部分がねじでしっかり留めてあり、電池交換するにはスクリュードライバーが必要だ。日本のおもちゃは、わざわざスクリュードライバーを必要としない場合がほとんどだったから(今は変わっているのかな?)、めんどくさいなぁと感じてしまう。めんどくさくてもなんでも、万一、子どもが電池ブタを開けて電池を飲み込みでもしたら(そのおもちゃ会社にとって)大変だから、安全第一、ということなんだろうな。

|

« 中学生のお弁当 | トップページ | 子守唄 »

英語」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこさん、こんにちわ。 プラスねじですが、自動車工具になぜか二種類あって、片っ方は確かにフィリップスなんですが、もう一方を何と呼ぶか思い出せません。 先が尖っているプラスと、確かそれほど尖っていないプラスです。 しかも互換性がない…。 フィリップスについては、インターネットで検索したら、1935年に米フィリップス社がプラスねじを開発し特許を取ったという説明がありました。

投稿: axbxcx | 2007.01.11 23:29

axbxcx さん、

昨日、ウィキペディアのスクリューというページを見つけ、
http://en.wikipedia.org/wiki/Screw
ずいぶんいろんなねじがあるもんなんだなぁと思いました。
おっしゃっているのは Frearson というタイプでしょうか。

ねじ山の形だけでなく、サイズもいろいろあるから、
ちゃんとあうドライバーがなかったりするんですよね。
うちのクラスにも、先だけを取り替えて使うようになっている
セットがあるのですが、この間使おうとしたら、ちょうど必要な
サイズだけなくなっていました(--;)。

投稿: じゃりんこ | 2007.01.12 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/13427180

この記事へのトラックバック一覧です: プラスとマイナス(英語):

« 中学生のお弁当 | トップページ | 子守唄 »