« プラスとマイナス(英語) | トップページ | ビデオ「美しき運命の傷痕」L'Enfer »

子守唄

1歳児クラスで子ども達を寝かしつけるときは、マットの上にうつぶせにして背中をトントン、というのがだいたいのパターン。みんな一緒にお昼寝の時間に寝るので、ひとりずつ抱っこして、ということはほとんどない。一方、赤ちゃんクラスでは、ミルクを飲みながら眠りにつく、というのがよくあるパターン。そうでない場合でも、遊び疲れてグズグズになった子は保育者が抱っこしてロッキングチェアに座り、ゆっくりゆらゆらゆすっているうちに寝ることが多い。

そんなときに子守唄を歌うことがある。私が最近よく歌っているのは「きらきら星」(って「子守唄」じゃないけど(^^;))。ミルクをなかなかスムーズに飲まない子がいて、おかあさんの話では「歌を歌いながらミルクをあげるとよく飲むのよ、特にきらきら星がお気に入りなの」ということなので、その子にミルクをあげるときによく歌うようになった。

同室のMがよく歌っているのは "Jack and Jill"。これも子守唄ではないけれど、マザーグースのひとつで、「わらべ歌」という感じかな。「ジャックとジルが水を汲むために丘に登った。ジャックがこけて頭にケガ、ジルもその後をころころと転がった」というような他愛のない歌詞なんだけど、Mが歌うと、かわいい明るい感じのメロディが心地よい。
曲を聞いてみたい方はこちら
これはオルゴールの音。Mはこれよりももっとゆっくりしたテンポでやわらかい声で歌っている。

子守唄で私がよく歌うのは Rock-a-bye baby.(オカリナによる演奏が聞けます)。これはメロディがとてもきれいで好きなのだけど、歌詞はとんでもない。

ねんねん赤ちゃん、木のてっぺんで。
風が吹いたらゆりかごが揺れる。
枝が折れたらゆりかごが落ちる。
赤ちゃんも落っこちる。ゆりかごも何もかも。

曲だけ聴いていたら、こんなことを歌っているなんて想像がつかない。「なんでこんな恐ろしい歌詞なの?」と今まで何人かのアメリカ人に聞いたことがあるけれど、知っている人には会ったことがない。まあ、日本でも、子守唄は、子守をさせられている者の恨みっぽい内容のものだったりする場合が結構あるし、子守唄って必ずしもあったかい幸せなイメージのものじゃないわけだ。でも日本の哀愁を帯びたメロディのものだとそんなに違和感もないのだけど、この歌のメロディと歌詞の落差はすごい。ひどい歌だよなーと思いながら、メロディが好きなのでつい口ずさんでしまう、「早く寝てね」と祈りつつ(^^;)。

|

« プラスとマイナス(英語) | トップページ | ビデオ「美しき運命の傷痕」L'Enfer »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

ちょうど今、おむつをかえておっぱいをあげて、娘が寝てくれたPです(^^
私の子守唄はなぜか「涙そうそう」です。
CDでバイオリンバージョンの曲を静かにかけながら私が歌ったりすると、寝てくれたりします。
あと、この曲を娘が聞くとなぜか泣き止んだり。
(効かないときもありますけどね
まだお腹の中にいたときに聞いていたから、覚えているのかしら

投稿: P | 2007.01.12 22:45

Pさん、

おっぱいをあげている時間ってとっても好きだったからうらやましい(^^)。腕のなかで子どもがおっぱいを飲んで満足して寝てくれるって満ち足りた気分になりますよね。まあ、今、ミルクをあげたり、ゆすってあげたりしても、やっぱり腕のなかで眠っていく子どもを見ているのは可愛いんですけど(^^)。

「涙そうそう」はいい歌ですよね。ゆったりと歌ってあげると子守唄としても素敵ですね。お譲ちゃんが好きなら何より(^^)。
ただ、私にはこの歌は歌えないです...

投稿: じゃりんこ | 2007.01.12 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/13455013

この記事へのトラックバック一覧です: 子守唄:

« プラスとマイナス(英語) | トップページ | ビデオ「美しき運命の傷痕」L'Enfer »