« 映画「幸せのちから」The Pursuit of Happyness | トップページ | 映画「世界最速のインディアン」 »

放送大学「比較政治学」

今学期とって後悔したのがこの科目だった(^^;)。

まえがきによれば、これは「比較政治学という学問分野への入門書」ということになっているのだけど、政治学、経済学、あるいはゲーム理論についてのある程度の知識があることを前提としていると思われる。たとえば「囚人のジレンマ」とか「マネタリズム」なんていう言葉がなんの説明もなく出てくる。何の知識もないと、「こうだからこう」という説明がちんぷんかんぷんで、ネットなどで意味を調べて、わかる場合もあればわからないこともある、という具合。直接、先生に質問できるのならおもしろいのかもしれないけど、ネットで質問するにはわからないことが多すぎてめげてしまう。

結局、「この人がこういうことを主張し、この人がこういう理論をたてた」みたいなことを覚えるだけで、それも試験が終わったらきっと忘れてしまうだろうから、もう試験を受けるのはやめようと決意...したところ、テキスト持込可の選択式問題だというので受験することにした。問題は10問で、それぞれ4-5つの文のなかから適切なもの、不適切なものを選ぶ、という感じだったと思う。テキストは一応最後まで読んだので、多分満点がとれていると思うけど、持ち込みでなかったら悲惨な結果になっていただろう。どんな問題だったかも、もうほとんど覚えていない(^^;)。

|

« 映画「幸せのちから」The Pursuit of Happyness | トップページ | 映画「世界最速のインディアン」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/13859651

この記事へのトラックバック一覧です: 放送大学「比較政治学」:

« 映画「幸せのちから」The Pursuit of Happyness | トップページ | 映画「世界最速のインディアン」 »