« 映画「善き人のためのソナタ」DAS LEBEN DER ANDEREN | トップページ | 緑の卵 »

デジカメ オリンパス μ725SW

デジカメ EXILIM S-500の調子が悪く、シャッターを押してからの反応にも時間がかかるような状態だった。それでもなんとか使っていたのだけど、どうにもピントが合わなくなった。もう何度か修理には出しているが、保証期間の切れてしまった今となっては修理代も結構かかるだろうし、何よりも、「またすぐに調子が悪くなるのではないか」という不安がぬぐえない。それで今度はカシオ以外のメーカーで探してみることにした。

カシオのデジカメがすぐに故障したのは、たぶん、私の使い方があらいせいだろう。水遊びをしているときや砂遊びをしているときでも、子どものいい顔を見たらすぐに撮りたい。というわけでどうしても濡れた手や砂のついた手でさわってしまうことになる。カメラをポケットに入れて、飛んだりはねたりしているうちに落とすこともある。そんな手荒い使い方をしても大丈夫なデジカメってないんだろうか...と探してみると、それがあったのだ!

オリンパス μ725SW。 この製品のホームページ(左のリンク)で、水に濡れ、砂にまみれたデジカメの写真を見て感激してしまった。水深5mまでの撮影が可能。1.5mの高さから落としても壊れにくい。砂がついたら水洗いができる!まさに私のためのカメラだと思った(^^)。デジカメは精密機械で水や砂は大敵。そうわかっていても、そういう状況で撮りたいことだってあるし、どんなに気をつけていても、私の使い方はそう簡単に改まりそうにない(^^;)。デジカメを海に落としてダメにしたこともあるし。 このデジカメなら大丈夫だったわけだ。店頭で触ってみて、シャッターを押してから降りるまでのタイムラグも許容範囲であることを確認し、楽天内の店で購入。

現在はこの上位機種のμ770SW というのが出ている。こちらは水深10mまでオーケー。でも私はそこまではいらないかな、と思ったのと、μ725SW のほうがデザイン的に好きだし、あと、μ770SW が出たばかりでμ725 は値が下がっていたので、こちらを選んだ。

まだ使い始めて少ししかたっていないが、感想として、写真はきれいに撮れるので不満はない(私は細かいことにこだわらない人なので、このへんの評価はおおざっぱだとは思う(^^;))。シーンセレクト機能があり、ポートレート、風景、夜景、料理、文書など、状況に応じたモードが選べるので、私のような万年初心者が使うのに楽。ブレ軽減モードもある。ただ、EX-S500 と比べるとちょっと使い勝手が悪いかな、と思う点がある。

昨日は次女の中学の音楽会で、デジカメの動画撮影機能で撮影するつもりでいたら、動画撮影中にはズームが使えないことに気づいた。デジタルズームをオンにしておけば使えるらしいと知ったが、ふだんは切っているので、動画を撮ろうというときには気をつけなくてはいけない。また、EX-S500 では、画像なしの音声のみの録音も可能で、私は結構重宝していたのだが、これにはそういう機能はない。エクシリムでは、充電用クレードルにカメラを載せるだけで充電できたが、μ725 では充電池をカメラから取り出して充電しなければならない。デジカメの使用頻度が高いと充電も頻繁にやらなければならないので、わりと面倒に感じてしまう。

それでも、この機種の売りは頑丈さだし、それはエクシリムにはなかった点だろう。デジカメがしょっちゅう故障する、という状態から解放されるならありがたいことだ。すべての要望を満たすようなカメラがない限り、何かをあきらめなければいけないわけで、今の私に必要なのは、コンパクトでこわれにくいカメラ。

ペンタックスの Optio W30というのも、防水&防塵仕様のようだ。これだと記録媒体がSDカードなのがいいかな。エクシリムと共通なので、今までのものが使えるし。μ725 はXDピクチャーカードなので新たに買わなければならなかった。でも私が μ725 を選んだ理由は、できるだけコンパクトでスリムなのがほしかったのと、やっぱりデザインが気に入ったから。

コンパクトで頑丈でシンプルなデザイン。こんなデジカメに出会えてよかったと思っている(^^)。

|

« 映画「善き人のためのソナタ」DAS LEBEN DER ANDEREN | トップページ | 緑の卵 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/14229865

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ オリンパス μ725SW:

« 映画「善き人のためのソナタ」DAS LEBEN DER ANDEREN | トップページ | 緑の卵 »