« 吉野梅郷2007 | トップページ | 赤ちゃんバチの歌 »

中東和平への期待

P-navi info の記事で、NHK-BS1 で、パレスチナ関連のドキュメンタリーが2本放送されることを知り、録画して見た。

ひとつは「パレスチナの村を分断壁から守れ ~共に闘うイスラエルの人々~」(原題:Bil'in My Love)。ヨルダン川西岸地区のビルインという村で、現在イスラエルが分断壁を建設中なのだが、その分断ラインがパレスチナ側に大きく食い込み、パレスチナの人たちがまたもや土地を失う、という事態が起きている。それに対して、非暴力で抵抗する人たち。石を投げることすらしないのだ。石を投げることがイスラエル側の発砲の口実となる。ある日のデモで、パレスチナ側に石を投げた者がいたが、それは村人ではなく、支援者のふりをして入り込んだイスラエル人だった。あの手この手で挑発するイスラエル...ただ、このフィルムを撮影したのはイスラエル人なのだ。彼はビルイン村に泊り込んで、パレスチナ側の人の言い分に理がある、と感じるようになる。

もうひとつは、義務により兵役についたイスラエル人たちが、兵役を終えた後に、軍のなかで疑問に感じていたこと、占領はおかしいんじゃないか、と感じていたことを言葉にし伝えていく "Breaking the Silence" (沈黙を破って)というグループの活動の紹介。

以前、「イスラエル 兵役拒否者からの手紙」という本を読んだけど、同じような活動をしているグループがイスラエル国内にあるのだ。「テロリストを支援している」などの非難を受けながらも、現実から目をそむけ続けることに耐えられなくなった人たち。同じような気持ちを感じている人を探し出して、その証言をビデオに収め、兵役中に撮った写真を集める。後ろ手に縛られ、目隠しをされ、座らされているパレスチナ人達。パレスチナ人の家に勝手にあがりこんで、我が家のように傍若無人に振舞っているイスラエルの兵士達。そして軍の中にいるとどんどん感覚が麻痺していくんだ、という証言。それらの写真の展覧会を各地で催し、証言のビデオも流す。イスラエル軍が何をしているのかをイスラエルの人たちに知らせていく。パレスチナの人たちと話し合いの場を持つ。

現実には「沈黙を破る」ことはなかなか大変なことだ。こうした人たちはまだまだ少数派だというが、少しずつでもこの動きが広がっていけばいいなと願う。

|

« 吉野梅郷2007 | トップページ | 赤ちゃんバチの歌 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私も前に良心的兵役拒否のイスラエルの若者についてのTV番組を観て、イスラエルの中にも変化があることを知りました。「DAYS JAPAN」(何月号だか忘れたけど)などの写真を見ても疑問をもって当然じゃないかと思ったりしました。
実は、先週、東京都写真美術館(恵比寿)でやっている「パラダイス・ナウ」という映画を観ました。パレスチナの若者が自爆攻撃にむかう前の48時間を描いたモノです。血は1滴も見せてないけど、最後の静けさとかがすごく重い映画です。希望を持てないパレスチナの普通の若者が自爆にいく、行かざるを得ない心境というのがわかってつらい映画です。アカデミー候補になって抗議運動も起こったみたいだけど、イスラエル国内でも上映されたと言うし、多くのイスラエル人、世界の人が見て何かを感じたらいい映画だと思います。

投稿: guri | 2007.03.20 23:31

guri さん、こんにちは(^^)。

「パラダイス・ナウ」、私も見るつもりですが、4月以降になる予定です。普通の若者が自爆に行かざるを得ない心境...ってつらいですね...このドキュメンタリー番組のなかでも、「自爆テロをする」と言い張るおばあさんの話が少し出てきていました。また、イスラエルの兵士だった人の話で、自爆テロをした若者が、自分が死なせてしまった人の甥だと知って愕然とした、という話もありました。その人はそんな状況をなんとかしたい、と感じるようになったわけですが、そういう人が増えてくるといいのですが...

投稿: じゃりんこ | 2007.03.21 07:17

じゃりんこさん こんにちは
BS ウチ見られないんです。
総合でもいつか見られますかしら?
以前、テレビで、帰国子女の3人の女の子が
「日本って、世界の事を知らなさ過ぎる・・」って。
私など、ノーテンキに生きていますけど、
平和については、アンテナを張っていく事が必要ですよね。
「戦争は嫌だ!」といっても、今ある戦争・紛争については
どう考えているのだろうか?
まだまだ意見などは、言えないけれど、じゃりんこさんのお陰で、
いろいろ考えるようになりました。
・・・ただ、まだ自分の考えにまではなってません。
これからもよろしくね。

投稿: まみ | 2007.03.21 10:41

まみさん、こんにちは(^^)。

総合で見られるようになるかどうかは私にはなんとも...でも、あんまり期待はできないかな、と思います。NHK の番組とか、ネットでのオンデマンド配信とかがあるといいのに、と思うものがたまにありますね。

私も戦争はいやだから、今あるものはなくしていけたらいいな、と思います。政府レベルじゃなく、こうして市民が活動していくことがそれにつながるかな、とちょっと期待しています。

またおたがい興味深い情報を見つけたら、情報交換しましょうね。

投稿: じゃりんこ | 2007.03.21 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/14330429

この記事へのトラックバック一覧です: 中東和平への期待:

« 吉野梅郷2007 | トップページ | 赤ちゃんバチの歌 »