« It's a date! | トップページ | 吉野梅郷2007 »

映画「ラスト・キング・オブ・スコットランド」

スコットランドの医大を卒業したニコラスは故郷を出てウガンダへ。貧しい村で、先に赴任していた先輩医師の手伝いを始めたが、ふとしたきっかけで、大統領になったばかりのアミンと知り合い、そのお抱え医師となる。

アミン(フォレスト・ウィテカー)は、若いニコラスにも気さくに接し、笑った顔は人の良さを感じさせる。このあたりは、フォレスト・ウィテカーという役者の力もあるんだろう。しかし、磊落に見えるアミンも、実は、前大統領派の反乱など、内心は様々な不安を抱えていた。やがて側近の者達を疑うようになり...

「事実にヒントを得た物語」で、事実ではない。医師のニコラスも実在の人物ではなく、何人かの実在の人物のキャラクターをあわせ持つ人であるらしい。「人の役にたちたい」という気持ちでアフリカにやってきた。しかし、女性に対しては、寝る対象としてしか見ていないようなところがあって、聖人君子ではない。その結果、トラブルも起きる...

時折はさまれる歌やリズムは心地よく、話の展開にもぐんぐん引き込まれた。アミンがどんどん疑心暗鬼になっていくのも当然の状況だと思えた。農村と都会の生活の落差なども興味深かったけど、どのくらい事実を反映しているんだろう。

ウガンダの話なのにどうして「ラスト・キング・オブ・スコットランド」なのか不思議だったけど、実際、映画のなかでも出てくるように、アミンはスコットランドが好きで、ウガンダ人を「アフリカのスコットランド人」だと考えていたらしく、自分のことを「ラスト・キング・オブ・スコットランド」と呼んだのだそうだ。(実際にはもっと長い称号。くわしくはこちら。 監督によるタイトルの解説は こちら

(以下ネタバレ)

私に言わせれば、ニコラスはかなりひどいことをしている。信頼していた人間に裏切られたアミンは相当つらかっただろう。疑心暗鬼からどんどん人を殺した(それも残酷なやり方で...?このあたりもどのくらい本当のことなのか)のだとしたら、それはもちろん許されることじゃないけど、医師でありながら妊娠の危険に対する備えをまったくせず、またその結果を引き受けることなく自分の子どもの中絶手術をしようとしたニコラスはどうなんだろう。この映画を見るアメリカ人やイギリス人はどんな感想を持つのかなぁ。

|

« It's a date! | トップページ | 吉野梅郷2007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/14295057

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ラスト・キング・オブ・スコットランド」:

» 「ラスト・キング・オブ・スコットランド」怪物アミンを怪演! [soramove]
「ラスト・キング・オブ・スコットランド」★★★★ フォレスト・ウィッテカー 、ジェームズ・マカヴォイ主演 ケヴィン・マクドナルド 監督、2006年アメリカ 本年度アカデミー主演男優賞受賞! 1971年軍事クーデターによって イギリスの支援を受けたイディ・アミ...... [続きを読む]

受信: 2007.03.28 20:38

« It's a date! | トップページ | 吉野梅郷2007 »