« 映画「約束の旅路」Va, vis et deviens | トップページ | たんぽぽ »

校歌

先日、次女の高校の入学式に参加して、高校生が清々しい声で校歌を歌うのを聞き、校歌もいいものだな、と思った。

それで思い出したのが、京都のある高校の校歌だ。そこは私の母校ではないのだけど、校歌に関しては母校よりも印象に残っている。作詞が谷川俊太郎さんで、ひとつひとつの言葉が選びぬかれている感じがして、さすが詩人なんだなぁと思ったものだ。

特に、2番の最後の部分、

問いかけて なお問うて
こたええぬものの深みを
つらぬいて 輝け今日よ

というところが好きだった。
歌詞の全文と楽譜を見てみたい方はこちら

|

« 映画「約束の旅路」Va, vis et deviens | トップページ | たんぽぽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵な校歌ですね〜。先日の話しじゃないけど、祝いの式典では皆が共感をもてる歌を歌いたいですね。

私、校歌ってあんまり覚えていないんですよね〜。(校歌に限らず、基本的に記憶力が乏しいんですが(^^ゞ)

でも、ふっと思い出したのが小学校後半の3年間通った大阪の学校の校歌です。こんな一節がありました。


校舎に墨を流したときも
平和の光が輝く日にも

伸びゆく子供の明るい声が
豊島ヶ丘にこだまして


今から思うと、子供の健やかな成長とそのための平和を強く望む力強い校歌だと思います。

ただ、この校歌とともに、戦争中、空爆をさけるために黒く塗られた校舎の写真を何度もみさせられ、とっっっっっても怖い思いをしました(苦笑)

投稿: tabe | 2007.04.13 11:53

tabe さん、どうも(^^)。

うん、ほんとに。こういう校歌を持ってると嬉しいし、何かのときに気持ちよく歌えるよね。だから国歌とかも、みんなが気持ちよく歌えるものであってほしいなぁと思います。

「校舎に墨を流したときも」...っていうところを読んで、え?と思ったんだけど、ほんとに流したのね(^^;)...今までそんな話を聞いたことはありませんでした。学校ってそれぞれ歴史を持っているものなのねぇ...でも、確かに子どもにとっては怖いよね(^^;)...

投稿: じゃりんこ | 2007.04.13 16:39

ああ、、、そうですよね。すべての学校で校舎を黒く塗ったわけじゃないですよね。。。

私は一度転校したので二つの小学校に通ったんですけど、どちらも戦前からある学校で、平和教育を熱心にやっている学校でした。夏になると戦争中の学校の様子についてスライドや写真を見ながら当時の話しを聞いたり…。

なので、どこの学校でも墨を流してるもんだと思ってました(笑)
ああ、思い込み。。。。 

投稿: tabe | 2007.04.14 00:15

tabe さん、

私も小学校ふたつ行って、ひとつは古い学校だったけど、墨を流したかどうかは知らないです。でもふたつ行った学校が両方ともそうだったらそれが普通と思ってしまうよね。思い込みはこうして作られる(笑)。私も富山出身の夫と出会って、私が普通と思っていたことが、実は京都だけの習慣だった、というような経験が結構あります。

それにしても校舎に墨を流すってなかなか大胆...に思えるけど...戦後、塗り替えられたわけですね...

投稿: じゃりんこ | 2007.04.14 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/14659381

この記事へのトラックバック一覧です: 校歌:

« 映画「約束の旅路」Va, vis et deviens | トップページ | たんぽぽ »