« 決まり文句 | トップページ | お帰り、パソコン »

映画「ブラッド・ダイヤモンド」

舞台はシエラレオネ、1999年。政府軍と反政府組織RUFによる内戦で、人々はいつ命を失うかもしれないというような状況下で暮らしている。RUFによって家族がバラバラにされてしまったソロモンは、ダイヤモンドの採掘場で強制労働させられていたが、ある日、大粒のピンクダイヤモンドを見つけてそれをこっそりと隠す。しかし、そのことを知った者たちによって熾烈な争奪戦が起こる...

このところ、こういう映画を見ると、つい「どのくらい本当のことなのかなぁ」と考えてしまう。RUFは本当にあんなふうに、無差別に人々に銃撃を行なったりしていたのだろうか。私には想像のつかないような世界だけど、シエラレオネでの内戦後復興プロジェクトを支援してきたという「プラン・ジャパン」からのメールで、「内戦当時のシエラレオネの様子が描かれている」と書かれていたので、ある程度、本当のことなのだろう。私は紛争ダイヤモンドのことなんて知らなかったし、少年兵の姿は本当に痛ましい。

ただ、映画の良し悪しはともかく、私の場合、宝石類にまるで興味がないので、「こんなものに何故命をかけるのか」というのが一番の感想だ。もちろん、人それぞれ大切に思うものは違うわけで、宝石が大事、と言う人がいてもいいと思うけど、この映画で、ディカプリオ達が死ぬような思いをしてピンクダイヤモンドを得ようとする、その気持ちにはなかなか寄り添えなかった。ソロモンが家族をとりもどしたい、とする気持ちはわかったけど...ダイヤの密売人という悪役を熱演していたディカプリオも、どこかちぐはぐな感じがしてしまった。彼の出演しているものでは「タイタニック」が一番好きな私には、その印象が強すぎるのかなぁ...

|

« 決まり文句 | トップページ | お帰り、パソコン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこさん、こんばんわ。 後半やディカプリオの評価はともかくとして、RUFの描き方はとてもリアルに感じました。 つまり思想・政治活動とはあまり関係のないところで内戦やら虐殺が起こるという意味で…。 と言っても現場を知らないので想像ですが…。

ところで、私も宝石類にはまったく興味がありませんが、カネがエンドレスの麻薬だという部分は「想像」できます。 それはケニアの現場でも感じることだからです。

それとシエラレオネには行ったことがありませんが、あの辺りにあんな山があるかなあと思いました。 撮影がモザンビーク(と南アフリカ)だとわかって納得しましたが…。

ちなみに、ディカプリオは「ディパーテッド」の方がよかったと思います。

投稿: axbxcx | 2007.04.22 03:17

axbxcx さん、どうも(^^)。

RUF はリアルな感じがしましたか。axbxcx さんがそうおっしゃるのならきっとそうなのでしょうね。プラン・ジャパンからメールが来ていたので、かなり本当の様子が描かれているのかな、とは思っていたのですが、あんなふうに、何の理由もなく人の手を切り落としたりとかいうことが行なわれている、というのが信じられない、というか、信じたくない気持ちがあって。

ミヒャエル・エンデが「あらゆる活動の根底にはお金がからんでいる」というようなことを言ったらしい(先日見た「六ヶ所村ラプソディー」の後で、監督さんが紹介していました)ですが、確かにお金の問題って考えなければいけないことですね。あのダイヤに何億円もの価値があるのか、というと、私には疑問に思えてしまいます。人によって何に価値をおくかは違うわけで、だから等価交換って簡単ではないわけですけど、「お金がお金を生むシステムのおかしさ」って言われてみればそうだなぁと思います。

「ディパーテッド」は見ていません。「インファナル・アフェア」がおもしろかったので見ようとは思っていたのですが、見た人から「やっぱりオリジナルのほうがいい」と聞き、DVD でもいいかな、と。
この映画では「ディカプリオがんばってるな」とは思いましたけど、ほんとに「がんばってるな」という感じで...どんな役でもこなしてしまう、という人もいるけど、はまり役っていうのがある人もいる気がします。


投稿: じゃりんこ | 2007.04.22 09:12

じゃりんこさん、RUFの撮り方を自分がなぜリアルだと思ったのかはわかりませんが、人間そんなものじゃないかという感覚が私にあるのは間違いありません。 例えば集団自決のようなことについても、明確な命令があったかどうかということよりも、個人としてそういう行動を選んでしまうというところに関心があると言うか怖いと言うか…。

「父親たちの星条旗」を読んで印象に残ったのもその辺りです。 一つは親しかった衛生兵が日本軍に拷問されて最悪の状態で亡くなっていたのを見てしまったというところ、もう一つはジュネーブ協定があるため欧州戦線では武器を一切携行していなかった(負傷した敵兵を助けるのはもちろんです)米国の衛生兵が太平洋戦線では武器を持たざるを得なかった(ベトナム戦争ではそれがライフルになります)というところです。 軍の命令があったかどうかに関わらず、日本兵がそのような拷問を行ったということ、また衛生兵を狙い撃ちにし、負傷して死ぬときには"Corpsman!"と叫んで米国の衛生兵を巻き添えにしようとしたということにショックを覚えました。(局部麻酔で網膜剥離の手術を受けているとき、目玉をえぐり出された死体が目に浮かんでしまったりして…。そうすると脈拍数が40を切ったりするんです。(苦笑)) それにしても主人公(作者のお父さん)のImportantly unimportant.という生き方、私の目指すところでもあります。

ダイヤモンドについては、金だってブランド品だって、あるいは有名な絵画だってみなそうなのですから、多様性を認めるしかないと言うか…。 ありがたがる人はありがたがるというだけで…。 ただそれを可能にしているのはカネ・貨幣経済そのものだろうと思っている訳です。 カネがなければ慎ましやかさやもったいないという気持ちが誰にもあったはずなのに、カネによってそれが破壊されたという感覚を持っているのです。 市場経済にせよ競争社会にせよ、万能どころか欠点だらけな訳で、社会がさまざまな制度・規範を持つことでようやく成り立つようなシステムなのではないかと思っています。 グローバリゼーションのもたらす不平等・不公正も同じです。

投稿: axbxcx | 2007.04.22 10:57

axbxcx さん、

人間がどんなものであるか、という感覚は、それまでのその人の経験によって違うのでしょうね。人間にはきっとすごく残酷な部分もある(というか、そういう人もいる)のでしょう...

お金はモノとモノとの等価交換に使われてきたわけですけど、今は、お金がお金を生むようになり、別の役割を担うようになっている。労働に見合う対価がきちんと払われているのかどうか。
放送大学の「途上国の開発」で、「各国の生活水準をどう表すか」という話が出ていたのですが、確かに生活の豊かさは単純にお金では表せない部分もあるから簡単ではないんだなぁと思いました。
お金のことはちょっと勉強したいなぁと思っています。

目の手術を局部麻酔でやる、というのはしんどいなぁと思います。
私は最初の子どもが流産で掻爬をしなければならなかったとき、部分麻酔をした段階で、取り乱して手がつけられない状態だったようで(--;)、全身麻酔になりました。

Importantly unimportant...というのはよくわかりません(^^;)。

投稿: じゃりんこ | 2007.04.22 18:09

じゃりんこさん、「セレブは自分で自分がセレブだと言うけれど、ヒーローは決して自分がヒーローとは言わない」というような話が伏線です。 主人公は自分がヒーローとは決して思っていなかった、硫黄島で死んだ人たちがヒーローだと思っていた、そして息子たちにも自分が勲章を貰ったことを決して話さず、硫黄島の話自体に封印をしてしまった…。

決して派手なことをしない人生、目立たないようにすることが重要であるという価値観、それがImportantly unimportant.かなと私は理解しました。

海兵隊にはesprit de corpsというのがあるそうですが、仲間を助ける、仲間のために命を掛けるというところでしょうか。 決して自分がヒーローになろうとするのではなく…。

投稿: axbxcx | 2007.04.22 18:18

axbxcx さん、

私の仕事は赤ちゃんの世話ですから、その子達も大きくなれば忘れてしまうような存在です。でも、今の赤ちゃん達にとっては私はとても重要な存在ですから、Importantly unimportant といえるかもしれません...って違うかな(^^;)?

「どう生きるのか」みたいなことをあまり深く考えないので、夫にも「人生とは何か、とか考えないの?」と言われたことがあります(^^;)。
子ども達の世話をして楽しく生きていければいいですが、できることなら、世界のどこの人たちもそうやって楽しく生きていけるといいなぁとは思っていて、私にできることがあるのならしたいなぁとは思います。

投稿: じゃりんこ | 2007.04.22 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/14801020

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブラッド・ダイヤモンド」:

« 決まり文句 | トップページ | お帰り、パソコン »