« 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | トップページ | またパソコンがこわれた(x_x)... »

「こんにちは」と「さようなら」

今期、放送大学で取っている「日本語基礎B」は、副題が「コミュニケーションと異文化理解」となっていて、外国の人が日本語について思っていることを話すコーナーがあるのだが、これがなかなかおもしろい。

たとえば、あるアメリカ人が言っていたのが、「日本語の授業で、挨拶は『こんにちは』って習うけど、親しい間柄では『こんにちは』って言わない」ということ。確かに言われてみればそのとおり。家族の間で「おはよう」「おやすみ」は言うけど、「こんにちは」「こんばんは」を言うことはない。道端で家族に会ったとしても「こんにちは」は言わない。仲のいい友人にも、「おはよう」は言うけど、昼間に会ったら「こんにちは」とは言わないなぁ。

でも、「親しい人」には「こんにちは」と言わない、というのもかなり曖昧な言い方だ。「親しい」って何なのか。たとえば、お隣さんとどんなに親しくても、道で会ったら「こんにちは」は言うだろう。先輩とどんなに親しくても「こんにちは」ということはありえる。でも、同輩なら、それほど親しくなくても、「こんにちは」とは言わないんじゃないか、というのが長女の意見。

親しい友人や家族に道端で会ったら何と言うか。「ああ」とか「おぅ」とか「○○ちゃん!」とかかな。「こんにちは」は万能選手だと思ってたけど、実はそうでもない。家族に「こんにちは」と言うのはすごく他人行儀な感じがしてしまう。

で、上記の人がさらに言っていたのが、出会ったときの挨拶(「こんにちは」に当たる言葉)が少ないのに、別れるときの挨拶はいろいろバリエーションがあって(「じゃあね」「元気でね」「またね」「それじゃ」「失礼します」「さよなら」...)おもしろい、ということ。また、「それじゃ」みたいな言い方は、後に続く感じがする。はっきり「終わりです」という感じでなく、後に続くような言い方で別れの挨拶をするのがおもしろい、と。

外国の人に言われて初めて気づくことって結構ある。挨拶の言葉について、昨日、うちの同僚達と話したことがおもしろかったので、明日にでもまた書きたいと思います。

|

« 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | トップページ | またパソコンがこわれた(x_x)... »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこさん、こんばんわ。 何とか今日退院できて、上の娘の就職も決まって、ちょっとホッとしています。

入院中、佐野眞一の宮本常一関係の本を3冊読んだりしたのですが、宮本常一の「忘れられた日本人」の世界であれば、「親しい人」はどうか、「お隣さん」はどうかなどと考え込まずにすんだのではないか、そんな気がしました。 宮本常一というのはやはりモノスゴイ人ですし、彼の言っていることを読み直してみると、いま我々がアフリカで考えているようなことは、とうの昔に言っていたような気がします。

投稿: axbxcx | 2007.04.18 23:51

axbxcx さん、こんにちは(^^)。
手術は無事、終わったのですね(^^)。お嬢様の就職も決まったそうで、おめでとうございます。このごろは4月に就職が決まってしまうんですね。

確か、目の手術をされたんでしたよね。それで、入院中に本を3冊ですか(^^;)?axbxcx さんもスゴイ人だと思います(^^)。
宮元常一さんって知りませんでした。「忘れられた日本人」というタイトルを聞いたことはあります。なんだかすごくおもしろそうな本ですね。

投稿: じゃりんこ | 2007.04.19 16:44

じゃりんこさん、入院中は暇ですし、動き回る訳にもいきませんから、本でも読んでいるしかありませんでした。(笑) 消灯が9時で朝は6時なのですが、遅くても5時には起きてしまうんです。 しかも朝ごはんは8時15分過ぎですから、それまでの時間の長いことと言ったら…。 ちなみに夕飯は17時50分くらい…。

宮本常一はその一生に16万km歩いて(決して旅したではありません)村々を回ったという人です。 人文科学が尋問科学になってはいけない、人々が話したいことを聴けと、生活誌を記録して回った、もう二度と出ることのない巨人でしょう。 写真の一部はデータベース化されています。

http://www.towatown.jp/database/

府中市郷土の森博物館では、生誕100年記念事業があります。 「宮本常一の足跡~旅する民俗学者の遺産~」4月28日~7月1日。
 
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

投稿: axbxcx | 2007.04.19 21:22

axbxcx さん、

宮本常一さんって、写真を見ると、温和そうでとても感じのいい人に見えます。言っておられることもステキだし、ぜひ本を読んでみたいと思います。記念事業の紹介もありがとうございました(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2007.04.19 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/14749232

この記事へのトラックバック一覧です: 「こんにちは」と「さようなら」:

» 決まり文句 [じゃりんこのコーヒータイム]
ある日のうちの保育園の休憩室にて、私(J)と同僚の保育士S(白人女性)、E(黒人 [続きを読む]

受信: 2007.04.19 21:12

« 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | トップページ | またパソコンがこわれた(x_x)... »