« 主役は子どもたち! | トップページ | 感謝の表し方 »

絵本 "I can" by Helen Oxenbury

1歳児のクラスで、1歳の子どもが絵本をとても楽しむことにもびっくりしたけど、実は赤ちゃん(0歳児後半)もかなり楽しめる。そのうちのひとつが、この「できるよ」という本。
「できるよ」と書かれた表紙の次のページから「すわる」「ハイハイする」「ジャンプする」「のびをする」...などの動作を表す言葉が、かわいい赤ちゃんの絵とともに示されている。というわけで、私はひとつひとつそれをやってみる。子どもたちが特に好きなのは「走る」とか「かがむ」(前屈して足の間から子どもたちの顔を見る)かな。1歳になると、一緒になってやる子が出てくるけど、赤ちゃんはまだ見ているだけだ。でも、どの動きも楽しそうに見ている。「本」を楽しんでいるというよりは寸劇を楽しんでいるといったほうが正しいかもしれないけど、この本を見せるとあの寸劇?が見られる、ということはわかっていて目が輝く(^^)し、言葉と動きも結びついていくようだ。

この本の最初に出てくる言葉は「すわる」だが、私も子どもたちに本を読むときはみんなをすわらせるので、この言葉は子どもたちが理解するのも早い。私自身、いくつか外国語を学んで、もうほとんどみんな忘れてしまった(^^;)けど、トルコ語の「すわる」という言葉は覚えている。トルコでは、何度も「すわって、すわって」とすすめられたからだ(^^)。やっぱり実際の動きと言葉が結びついて言葉って覚えているものなんだなぁと思う。

I Can (Baby Beginner Board Books)I Can (Baby Beginner Board Books)
Helen Oxenbury

Candlewick Pr 1995-04
売り上げランキング : 50585

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 主役は子どもたち! | トップページ | 感謝の表し方 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/14943035

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本 "I can" by Helen Oxenbury :

« 主役は子どもたち! | トップページ | 感謝の表し方 »