« 映画「バベル」 | トップページ | ビデオ「ジャマイカ 楽園の真実」Life and Debt »

日本の文化に触れる

今月は「アジア太平洋月間」で、毎週、違った地域の文化に触れる企画がなされている。企画担当は幼稚園組の保育士さん。今週は「日本」で、幼稚園組の子どもたちが作ったこいのぼりが廊下の天井に飾られている(^^)。今日は日本の踊りを踊ってくれる人たちが来るというので、赤ちゃんたちも招待してくれた。

Jpdance 来てくれたのは浴衣を着たアメリカ人の女性(後から、ひとり日本人の女性も来られた)。この地域の踊りと炭坑節を子どもたちに教えてくれた。教え方が子どもたちにわかりやすい(^^)。両腕を胸のところでクロスさせたポーズは「ハグ」とか、手をたたいてから横に広げるときは「セーフ」とか。この地域の踊りはよく練習されているようで、手の動きもなめらかだった。子どもたちもよく話を聞いて一緒に楽しく踊っていた。ただ、炭坑節は、踊っているうちに、音と動きがずれてきたせいか、子どもたちもちょっと踊りにくかったようだ。

今まで、あまり日本の文化をどうこう、という取組みがなかったのだけど、こんなふうにいつもと違う取組みをすると子どもたちも楽しいようなので、幼稚園組の保母さんに「七夕をやってみないか」と話したら、彼女は大乗り気。それで、幼稚園の先生をしている友人に電話をして、七夕の笹飾りがなんとか手に入らないか相談したのだけど(その幼稚園はうちの娘達が通っていたところで、毎年、子どもたちひとりひとりにも笹をくれていたので)、最近は笹を手に入れるのがむずかしくなってきているらしい。笹を手に入れるのにあまりお金がかかるようなら、この企画はダメになってしまうかな...プラスチックのではない本物の笹はどういうところでいくらくらいで手に入るでしょうか。ご存知の方があれば教えてくださいm(_ _)m。

|

« 映画「バベル」 | トップページ | ビデオ「ジャマイカ 楽園の真実」Life and Debt »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/15017246

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の文化に触れる:

« 映画「バベル」 | トップページ | ビデオ「ジャマイカ 楽園の真実」Life and Debt »