« コミック「きみの声 ぼくの指」by 横谷順子 | トップページ | 空が飛べる話 »

投票お願いします:正しい日本語?

放送大学「日本語基礎」は、外国の人へのインタビューなどがおもしろいけど、文法や慣習の説明などは「そうかなぁ」と思うことが結構ある。ただ、自分の日本語感覚が一般的なものであるかどうかはなかなかわからない。自分ではそれが一般的だと思ってるけど、実はそうではないのかもしれない。

ひとつ例をあげると、
「動詞を可能の形にしたとき、助詞は「を」から「が」に変わる。」という説明があって、

漢字読む → 漢字読める
テレビ見る → テレビ見られる

などの例があげてある。で、
「しかし、動く場所を表す「を」は「が」になりません。「を」を使います。」という説明があって、

飛ぶ → 空飛べる
階段降りる → 階段降りられる

という例があげられている。
「鳥は空飛べる」という文章は、私にはヘンには聞こえないんだけど、これは誤使用ということになるのだろうか。もちろん「鳥は空飛べる」でもいいと思うし、説明で言わんとしていることはわかる気がするけど、決して「が」を使わないかというと実際はそうでもないと思うんだけど...

というわけで、「@nifty 投票」を使ってみたいと思います。
投票すると結果が見られるそうです。で、一度、投票すると、もう投票ボタンは現れなくて、円グラフで結果が表示されるそうです。コメントはもちろん歓迎しますが、コメントつけるのはめんどうという方も投票だけでもしていただけると嬉しいです。よろしくお願いしますm(^^)m。

|

« コミック「きみの声 ぼくの指」by 横谷順子 | トップページ | 空が飛べる話 »

学問・資格」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

語学については全くの不勉強な、一般人主婦です。
「が」でも「を」でもまちがった日本語とは思いませんが、私には文章から受ける印象がちがって感じられます。
「を」の方は”飛べる”ことを強調し、「が」の方は飛べる場所が”空”であることを強調している印象を受けます。
両方まちがってないけれど、聞いたとき受けるニュアンスがちがうという意味で、「その他」に投票しました。

投稿: バナナ太郎 | 2007.07.12 10:52

あれぇ。。おかしいなーー。。

昨日、コメント送ったはずなのに、表示されてない。。(^^ゞ

しつこく、もう一回送っとこーーっと。

…………………………………………………………
私は元々、言葉というものは、その時代に合わせて、それを使う人の感覚に合わせて、変化していっていいものだと思っているので、ゼッタイこうでなければいけない! とかいう理論にはついていけないんです。

今回の例の場合は、私は、「を」でも「が」でも、どちらでも全然違和感感じません。

大阪弁やと、「鳥は空飛べる」となって、助詞は省略されるなぁ。。ヾ(@^▽^@)ノ

投稿: ほしの まい | 2007.07.12 12:37

私は③その他に入れました。

私だけかもしれませんが、「が」は目的語を強調したり限定したりするときに使っていると思います。

「鳥は海に潜れないけど“空”が飛べる」とか。

もちろん「を」でも通じますが。

私は、てにをはの使い方で台本を直されることが多々あるので、
参考にならないかと思いますが。。。。

投稿: tabe | 2007.07.12 16:06

バナナ太郎さん、ほしのまいさん、tabe さん、コメントありがとうございますm(^^)m。

バナナ太郎さん、tabe さん、「その他」に投票した人はどんな考えなのか聞いてみたいと思っていたから、とても嬉しいです(^^)。おふたりとも、「どちらも日本語としてオーケーだけど、ニュアンスが違う」という意見なんですね。確かに「が」は目的語を強調するときに使いますよね。でも、「テレビが見られる」とか「携帯が使える」とかは、とりたてて目的語を強調した、っていう感じもしませんよね。「テレビを見られる」とか「携帯を使える」よりも自然に響く気がします(私には)。私の場合、「鳥は空が飛べる」って聞いても、特に「空」を強調したようには聞こえず、普通に聞き流すと思います。でも、バナナ太郎さんと tabe さんにとっては「空が飛べる」という言い方は、確かに、「携帯が使える」などと比べると、特殊ということになるのでしょうね。

まいさんが、大阪弁だと「鳥は空飛べる」となって助詞は抜け落ちるって書いておられますが、考えてみると「空"も"飛べるはず」っていう歌があったり(私は好きだったりします(*^^*))、「(海はだめだけど)空"は"飛べる」とか、「を」「が」のほかにも、「も」や「は」を入れることが可能なわけですよね。っていうことは、「が」「も」「は」なんかは特殊な場合で、基本はやっぱり「を」っていうことになるのかな。

まいさん、2回も書いてくれたのね。ありがとー!ココログのコメントって時々調子の悪いことあるから、ニフティに代わってお詫び申し上げますm(. .)m。
うん、私も「鳥は空が飛べる」っていう言い方に違和感を感じないので、これを間違いと言ってしまっていいのだろうか、って思ったの。でも、外国の人に日本語を教える場合、どうするのがわかりやすいんだろうね。この投票の結果を見ると、やっぱり「を」が自然、と考える人が多いようだから、この授業で言っていることは原則として正しいということなのかもしれない。ただ、「が」も可、とか、どっちでもいいとか、「が」のほうがいいっていう人もいるわけで(現時点ではその3つをあわせると「を」という人の数を上回る)、「間違い」って教えていいものか、とも思うよね。まいさんの言うとおり、言葉は時代にあわせて変わっていくものだから、「鳥は空が飛べる」という言い方が市民権を得るのも時間の問題なのかもしれないね。

tabe さん、助詞の使い方で台本を直されるってことは、いつも助詞の使い方に気を配ってるプロってことじゃん(^^)。だから、私は聞き流してしまうけど、tabe さんには違いが気になるんだろうね。いろんな人の意見を聞くのはとても参考になります(^^)。

そして、投票をしてくださったたくさんの方々、どうもありがとうございましたm(^^)m。

投稿: じゃりんこ | 2007.07.12 20:55

> いつも助詞の使い方に気を配ってる

というか、一番自然に聞こえるのが大切なので、私は自然の基準軸が狂ってるだけなんだと…笑

「携帯が使える」の件ですが、私はやっぱり「が」と「を」は違って感じられます。

「なんと!ここは地下3階であるにも関わらず、“携帯”が使えるんです!」とか「え??ここでは“携帯”が使えるんですか?!」

なんて言う時、「を」だと違和感があります。

で、今気付いたのですが、あとに続く動詞が名詞化した場合、「を」じゃないとダメですね。

「携帯が(を)使えます。」

「携帯を使うことが出来ます。」
「携帯を使うことになりました。」

「が」じゃ、、へん。なぜ?????????

投稿: tabe | 2007.07.13 11:03

tabe さん、ども(^^)。

えーっと、「動詞を可能の形にしたとき、助詞は「を」から「が」に変わる。」というのが一般論で、例外として、「動く場所を表す「を」は「が」になりません」ってことだから、「携帯を使う→携帯が使える」というのが普通だと思うのね。「携帯を使える」という言い方も可能だけど、「携帯が使える」のほうが自然じゃない?どんな状況だったとしても。

「携帯を使うことができる」という言い方は、「使う」という動詞はそのまま原形(辞書の形)であって、可能の形になってないじゃん?「ことができる」という部分を加えることで、意味的には「可能」になってるけど、動詞の形は可能の形(-eru) じゃないよね。だから、「携帯が使う」とはならないんだと思う。

名詞に「が」っていうのがつくとやっぱり主格になることが多いわけだよね。「名詞+が+動詞の原形」だと、その場合は、普通、名詞は動詞の主語になるんじゃないかな。「鳥が飛ぶ」とか「携帯が鳴る」とか。
でも、動詞が原形じゃない場合は、名詞に「が」がついても主格にならなくて、目的格になる場合があるんだと思う。「映画が見られる」とか「カレーが食べたい(^^)」とか。

...っていうような説明でどう??

投稿: じゃりんこ | 2007.07.13 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/15731103

この記事へのトラックバック一覧です: 投票お願いします:正しい日本語?:

» 空が飛べる話 [じゃりんこのコーヒータイム]
昨日の「投票お願いします:正しい日本語?」に投票してくださったみなさん、ありがとうございました。で、現時点(7月13日23時)での結果は、次のようになっています。 [続きを読む]

受信: 2007.07.14 08:38

« コミック「きみの声 ぼくの指」by 横谷順子 | トップページ | 空が飛べる話 »