« ヒネテーロ(キューバ) | トップページ | キューバのおまわりさん »

本「こいつらが日本語をダメにした」by 赤瀬川原平、ねじめ正一、南伸坊

読もうと思っていた「日本語の論理」という本を図書館に探しに行って、その隣で見つけた本。タイトルを見て、現代日本語の乱れを誰かの責任にするような本かと思いきや、「こいつら」とはこの著者3人のことで...「のどから手が出る」「匙を投げる」など、ちょっと「なんでそんなふうに言うんだろう?」と思うような日本語の言い回しについて、この3人が好き勝手に雑談を繰り広げている本....で、実にくだらない(笑)。

「目クソ、鼻クソを笑う」なんていうけど、じゃあ耳クソの立場はどうなるんだ、とか、「耳をそろえて返してもらおう」って、「耳を貸す」ようなヤツから耳を借りたヤツはいったい何に使ったんだろうか、とか...。いくつかは写真が添えられていて「足留めを食う」「爪に火をともす」など...想像してみてください(^^)。.

お勉強になるように意図された本では全然なくて、ただただ馬鹿馬鹿しい本なんだけど、私にはかなり受けました(^^)。外山滋比古氏の「日本語の論理」を並行して読んでいたけど、ついついこっちのほうに手が伸びる(^^;)。で、その本の中で外山氏が「座談会記事というものは、速記のままで読み物になることはまず皆無。座談会の席で聞いていておもしろいときほど、あとで速記を読むと支離滅裂になっている」なんて言っておられる。で、これは、確かに支離滅裂。でも可笑しいのは可笑しい。まあもちろん編集は入っているんだろうけど、座談会の雰囲気はかなり伝わってくる感じがする。

あんまり気持ちや時間に余裕のないときに読むと、「何バカなこと言ってるんだ」「時間の無駄だ」と怒りたくなるかもしれない(^^;)ので、ヒマのある人におすすめします。暇って「つぶす」ものなんだ...なんて言いたくなるな、この本を読んだ後では。
日本語って豊かな言葉なんだなぁ、とは思えます(^^)。

4480032630こいつらが日本語をダメにした
赤瀬川 原平 南 伸坊 ねじめ 正一
筑摩書房 1997-04

by G-Tools

|

« ヒネテーロ(キューバ) | トップページ | キューバのおまわりさん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

じゃりんこ さま

面白そうな本ですねー。アマゾンのユーズドで、1円で叩き売りされてるところが、またなんとも。。。笑  

最近、本を読むのが億劫なんですが、、、触手がのびそうです。1円で買ってみようかしら。

で、コメントしないとと思いつつ、そのままにしてしまっていますが、「ゲバラ日記」(ゲバラがボリビアで書いた日記)、文庫版ですがお貸ししますよー。「チェ・ゲバラ 第2回AMERICA放浪日記」や、ボリビア革命を総括した本もあったりします。。。この2冊は面白くないなと途中で挫折しましたが。笑

投稿: tabe | 2007.09.13 16:38

うん、tabe さんだったら楽しめるのは保証する(笑)。旅行に持ってって待ち時間に読むのにぴったりの本だと思うけど、今日注文したとして届くのが...うーん、ま、いつでも楽しめるし、必読書ってわけじゃないから、気が向いたら1円なら買い!ですね(^^)。それにしても1円かぁ...でも、納得(笑)。

じゃあ、今度「ゲバラ日記」貸してください。お願いしますm(..)m。「元気が出るゲバラ語録」っていうのが最近出たらしいからこれもちょっと興味があるんだけど、やっぱまず本人のを読んでからかな、と思ってます。あと、「ゲバラを脱神話化する」っていうのは読みたいので今度図書館でリクエストしてくるつもり。

投稿: じゃりんこ | 2007.09.13 17:01

はーい。では、今度持って行きます。

「ゲバラを脱神話化する」、確かに、神話化してますよね。

投稿: tabe | 2007.09.13 23:45

tabe さん、

本の感想はいいからお土産話期待(^^)。

うん、でも実際、超人だと思うなー。
脱神話化って何が書かれてるんだろうね。

投稿: じゃりんこ | 2007.09.14 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/16430145

この記事へのトラックバック一覧です: 本「こいつらが日本語をダメにした」by 赤瀬川原平、ねじめ正一、南伸坊:

« ヒネテーロ(キューバ) | トップページ | キューバのおまわりさん »