« 映画「ブラインドサイト」 | トップページ | ストライキ »

がまん

うちのクラスに、自分の思い通りにいかないとすぐにキレてしまう子がいる。泣く、叫ぶ、ものを投げる、誰かをたたく、ひっかく...。

今日は、おやつのクッキーがなくなってしまってそれ以上おかわりができなくなり、怒り出した。「ちょっと待って。キッチンに余分がないか聞いてみるから」と言ってドアのところへ行き、キッチンのヘルプの人に余分を持ってきてもらうように頼んでテーブルにもどると、隣の子が泣いている。どうしたのか聞くと、この子Jがひっかいたらしい。Jに、「だめだよ。クッキーがなくなったからって友達をたたいちゃ」と言ったが、Jは「うるさい」(Shut up!)「ばか」(Stupid!) などの悪態をついて、聞く耳をもたない。

そのうちキッチンの人が余分のクッキーを持ってきてくれたけど、Jは相変わらずブツブツと悪い言葉を繰り返しているので、私はほかの子にはおかわりのクッキーをあげながら、「Jがそんな言葉を言い続けるなら、おやつのおかわりはあげられない」と言って、人を傷つけるのはよくないことだととりあえず正攻法で話した。

しばらくして、Jが、「わかったよ。もっとがまんしないといけないんだね」(Ok, I have to be more patient.) と言い出した。patient(我慢強い)なんていう言葉が彼の口から出るとは意外だったけど、きっと家でおかあさんにしょっちゅう言われているんだろう。

もちろん、今日、そんなことを言ったからって明日から行動がすぐ変わるとは思えないけど、「がまんしなくちゃいけないときがある」って彼も少しずつわかってきてはいるんだな。

|

« 映画「ブラインドサイト」 | トップページ | ストライキ »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/17134457

この記事へのトラックバック一覧です: がまん:

« 映画「ブラインドサイト」 | トップページ | ストライキ »