« 映画「マイティ・ハート」 | トップページ | 強運の持ち主 »

本「今日から怒らないママになれる本!」by 川井道子

副題は「子育てがハッピーになる魔法のコーチング」。コーチングという言葉を聞いたことはあったけど、なんとなく胡散臭いものだと思っていた。でも、いいかもしれない。

著者は5歳の娘ぺこちゃんの駄々にほとほと手を焼いて、コーチングと出会う。言い出したらきかない。娘の言い分を聞こうと努めても、何が言いたいのかわからない。しまいにはこっちがきれて言い争いになる。うんうん、そういうの、よくあるよなぁ。

子どもがこちらの思う通りに動いてくれないとき、大人は頭ごなしにやらせようとする。正しいのはいつも大人の側で、子どもは従わなければいけないんだから。でも、そのやり方では大人への反発心を強めるばかり。子どもがイヤと言い出し、大人は無理やりやらせようとし、叫びあい、怒鳴りあい...この悪循環を断ち切るにはどうすればいいのか。

まずは子どもの気持ちを受け止める。「そっか、イヤなんだねぇ」...そして、子どもの話をしっかり聞く。そのときに批判したりアドバイスしたりしようとしないで、子どもの言う言葉をただそのまま繰り返す。そして、「ああしなさい、こうしなさい」「あなたはこうこうだ」「あなたはこうすべきだ」ではなくて、「私はこう感じる」「私はこうしてほしい」という形で伝える。「どうして○○できないの?」と非難口調になるのではなく、「どうしたら○○できると思う?」という形で問いかけていく...。

気に入ったのは、ウィニコット(Winnicott)という人の言ったという「ほぼ良い母親」 "Good enough mother" という言葉。「そこそこのおかあさん」っていう感じかな。完璧な母親であるよりも、そこそこの親であるのが子どもの成長にはいいんだ、という考え。こういうゆるい感じはいいなぁ(^^)。

機会があったらコーチングを受けてみようかな、と思う。

4313660399今日から怒らないママになれる本!―子育てがハッピーになる魔法のコーチング
川井 道子
学陽書房 2005-11

by G-Tools

|

« 映画「マイティ・ハート」 | トップページ | 強運の持ち主 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/17326175

この記事へのトラックバック一覧です: 本「今日から怒らないママになれる本!」by 川井道子:

« 映画「マイティ・ハート」 | トップページ | 強運の持ち主 »