« 強運の持ち主 | トップページ | 「コーヒーの秘密」 »

ビデオ「アフガン零年」Osama

おもしろかった...っていうのは、多分に、私が旅好きで、映画で旅の気分を味わっているようなところがあるからだと思うけど。タリバン支配下のアフガニスタン。厳格なイスラム法のもと、女性は働くことも一人で外出することもできなかった。夫を亡くした妻は、老いた母と12才の娘と暮らしているが、女ばかりのこの状況では飢え死にするしかない。母の提案で娘の髪を切り、男として働きに出すのだが...

映画が作られたのは2003年で、この映画が描いているのはその数年前のことになるのだろうけど、現代にこんなところがあるなんてちょっと信じられないほどだ。DVD特典の監督のインタビューによれば、このような話は実際に起こっていることだという。もともとは、かすかに希望の見えるようなラストにするつもりだったそうだが、それでは現状を伝えることにならない、と、あのようなラストになったとのこと。

主役の少女も、印象的な役柄のお香屋の少年も、ストリートチルドレンだったそうで、役者はみんな素人。最初、お香屋の少年がカメラで撮影している人に声をかけるシーンがあって、ドキュメンタリーなのかと思ってしまった。そのくらいリアルな雰囲気があって、でも、退屈なドキュメンタリーとは違ってストーリーがあり、少女の男装がばれないかとひやひやしたり、お香屋の少年の優しさにほっとしたり、少女のおばあちゃんの昔話の語り口にしみじみしたり...

原題の「オサマ」というのは、男装した少女の名前だ。みんなに「女ではないか」と疑われて名前を聞かれ、答えにつまっている彼女に代わって、お香屋の少年が咄嗟に答える。どうしてそういう名前にしたのかは、DVD特典で監督が語っているが、ふうんそうなのか、という感じ。

とにかくタリバン支配はめちゃくちゃだったようなので、アメリカがタリバンを攻撃してその政権を崩壊させたことは歓迎されたのだろうか...それでも、タリバンが力を持つ背景というのはあったのだろうから、この映画だけで「タリバン時代はひどかった」って判断してはいけないのだろうけど...今、暮らしは少しはよくなっているのかなぁ...

|

« 強運の持ち主 | トップページ | 「コーヒーの秘密」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/17373860

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ「アフガン零年」Osama:

» アフガン零年 [聖なるブログ 闘いうどんを啜れ]
 アップリンクファクトリーでアフガニスタンの映画三本みる。ひさしく足を運んでいなかったら、アップリンクっていつのまにか場所移転してたのね。 [続きを読む]

受信: 2008.01.09 15:14

« 強運の持ち主 | トップページ | 「コーヒーの秘密」 »