« 外郎 | トップページ | 映画「ぜんぶ、フィデルのせい」 La Faute à Fidel! »

映画「スエリーの青空」O Céu de Suely

ブラジルは私にとって憧れの国。しかも、製作が「モーターサイクルダイアリーズ」のウォルター・サレスということで見に行った。

エルミラは、恋人と駆け落ちしてサンパウロで暮らしていたけど、物価が高くてやっていけず、乳児を抱えて故郷の田舎町に戻ってくる。やがて、「後から行く」と言っていた彼が、実は来る気がないのだと悟り、そこで彼女は...

彼女の取った行動はちょっとありえない設定と思えるし、彼女の選択に共感もできないのだけど、ブラジル北東部の景色や、人々の生活が見られたのは興味深かった。登場人物もそれぞれ個性的なキャラクターでおもしろい。最後のシーンが印象的で、私は、「えーっ、そんな...」と思ったのだけど、 「そうこなくっちゃ」という感想を書いている方もおられて 、うん、そうかもしれない、と思った。私の期待した結末では、あまりにありきたりだもの(^^;)。

彼女の選択に共感できない、というのは(以下ネタバレ)

倫理的な問題というよりも、自分を愛してくれる人を何故受け入れようとしないのだろう、というところ。ジョアンは誠実な人に見えたし、もう一度誰かとやり直してもいい、と思うのだけど、恋人に裏切られた経験がそれほどこたえたということなのだろうか。まあ、ジョアンがいくら愛してくれていても、やはり自分としては魅力を感じられない、ということなのかもしれないけど。

|

« 外郎 | トップページ | 映画「ぜんぶ、フィデルのせい」 La Faute à Fidel! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/40149984

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スエリーの青空」O Céu de Suely:

« 外郎 | トップページ | 映画「ぜんぶ、フィデルのせい」 La Faute à Fidel! »