« 絵本"Go Away, Big Green Monster!" by Ed Emberley | トップページ | 映画「トゥヤーの結婚」 »

ここがヘンだよ、日本?

昼休み、休憩室に来た同僚Pと、娘が大学受験で、と話しているうちに、日本の教育システムのおかしさ?についての話になった。

彼の奥さんは日本人で、お子さんを日本の保育園に通わせている。そこでは裸足保育が行われているらしい。彼はそれが信じられない、と言う。「『床暖房しているから大丈夫です』って言ったって、子どもが病気になったらどうするんだ。病気になったら医者代を払ってくれるのか」...で、実際、風邪か何かをひいたときの医者の請求書(たぶん、レシートかな)を保育園に持っていったそうだ(^^;)。そんなこともあって、今では彼のお子さんは靴下を履くのを認めてもらっているらしい。

さらに彼の不満は続く。

P:子どもの送迎に車を利用する親は、月2000円の駐車場代をとられるんだ。高い保育料を払ってるうえに、なんでまた駐車場代まで払わなきゃいけないのか。ここ(うちの保育園)じゃ、いちいち駐車場代なんてとらないだろ。
じゃりんこ:そりゃ、こことか、アメリカの場合はスペースがあるもの。日本は狭いのよ。
P:狭いったって、保育園の土地だろ。それを使わせるのにそれぞれの親から月2000円ずつ徴収するなんて儲けすぎだよ。
じゃ:送迎に車を使ってない人だっているわけでしょ。月2000円分を保育料に含めて徴収することだって可能だけど、そうすると、駐車場を使ってない人にとっては不公平なことになるじゃん。
P:何言ってるんだ、そもそも駐車場代なんて...

と、彼はまだまだ反論したそうだったが、彼に電話がかかってきて話は中断となった。

裸足保育にしても、駐車場代にしても、きっと入園のときに説明があったに違いないと思うのだけど、日本語がほとんど話せない彼は、おそらく手続きは奥さんにまかせておられたのだろう。どうしてもがまんできなければ、他の保育園を選ぶことだってできるだろうから、問題はそれほど深刻でもない。

でも、公立学校となるともうちょっとめんどくさいことになる。以前、カナダ人の友人が、「(日本の)学校のプールでは日焼け止めを使うことが許可されていないんだ」と憤慨していたことがある。「紫外線は有害で、防がなければならないのに、学校は何を考えているんだ」...と。

日焼け止めの話は、確かにそうかな、と思うから、彼が声をあげれば、学校の対応が変わる可能性はあると思う。

異文化社会で暮らすのはおもしろいけど、やっぱり摩擦やストレスも経験するものなんだなぁ。

|

« 絵本"Go Away, Big Green Monster!" by Ed Emberley | トップページ | 映画「トゥヤーの結婚」 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/40306192

この記事へのトラックバック一覧です: ここがヘンだよ、日本?:

« 絵本"Go Away, Big Green Monster!" by Ed Emberley | トップページ | 映画「トゥヤーの結婚」 »