« 本「となりのクレーマー」by 関根眞一 | トップページ | 映画「スエリーの青空」O Céu de Suely »

外郎

...って読めますか?私は知らなかった。
次女が今年のバレンタインに作ったのがこれ。
正解は

ういろう。(今年は残念ながら写真なしです(--;))
次女の友人の中にはういろうを知らない子も結構いたようで、びっくりしていたけど、それを聞いた長女が「でも、私も○○を読むまで知らなかったもの」なんて言っていたから、それほど一般的なお菓子ではないのかな。

で、次女が「これ、保育園でも作れると思うよ」と言うので、作り方を聞いてみると、小麦粉と砂糖と水をまぜてレンジでチンするだけ。レシピはたとえばここ。 で、さめてから型抜きをする。うん、確かに楽しそう。触った感じもプルプルして気持ちいいし。でも、長女が「のどをつまらせないかな」と鋭い指摘。うーん、感触はお餅に似てるけど、でも、小麦粉だし大丈夫...じゃないかな(希望的観測(^^;))。次女は、抹茶入り、ココア入りと、プレーンに餡を載せたものを作っていた。保育園なら食紅(フードカラー)という手がある。油を使わないので後片付けも楽だそうだ。

問題は、保育園のキッチンには小麦粉がないこと(^^;)。新しく来たトレーナーの人は「もっとクッキングをやってほしい」と言っていて、「小麦粉がない」ことを訴えたら、「なんとかするわ」と言っておられたので、小麦粉が手に入るようになったらやってみたい(クッキングは基本的にキッチンの提供する材料でやらなければならないことになっているので。そのあたり、園長先生やトレーナーによってもうちょっと柔軟に対応してもらえることもあるんだけど。)

|

« 本「となりのクレーマー」by 関根眞一 | トップページ | 映画「スエリーの青空」O Céu de Suely »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/40124777

この記事へのトラックバック一覧です: 外郎:

« 本「となりのクレーマー」by 関根眞一 | トップページ | 映画「スエリーの青空」O Céu de Suely »