« 放送大学2008年1学期 | トップページ | シャーペンの芯(英語) »

モディリアーニ展

昨日は、長女の入学式出席のために一日休みを取ったので、入学式の後、モディリアーニ展へ。ネットでブログの感想などを読んでも、特に「すごく混んでいた」というような記述もないし、平日だから大丈夫だろう、と思ったら、そのとおり(^^)。チケットもすぐに買えたし、中もゆったり。絵のまん前に行ってひとつひとつゆっくり見ることができた。

モディリアーニの描く独特の人物画には何故か惹かれるものがある。異様に長い顔、瞳がなくてどこを見ているのかわからないような表情...だったりするのに。何が好きなんだろう。シンプルな線と色合い...かなぁ。

初期の頃の鉛筆でのデッサンなどは、正直、私には高名な画家のものとは思えなかった(^^;)けど、この人がアフリカ美術の影響を受けていたんだ、ということを知って、なるほど、と思った。シンプルな美しさと力強さ。そして、油絵の肖像画が並ぶ部屋に入ると「おおーっ」という感じになる(^^)。モネは風景画が多かったけど、モディリアーニは人を描いた。モディリアーニといえば瞳のない絵を思い浮かべるけど、瞳のある絵も描いていたんだ。すごく写実的、という絵ではないのに、モデルによってその人らしさというようなものが感じられておもしろい。聡明な感じの女性、ちょっと気障な感じの男性、おとなしそうな人、何を考えているのかわからないような人...。

Image043モディリアーニ展の外のロビーでは似顔絵を描いている人がいた。「あなたを3分でモディリアーニ風に」っていう謳い文句で。モディリアーニ風ではなく、希望によりもっと写実的に描く、ということもされていて、見ていると、あっというまにモデルの特徴をとらえた似顔絵ができあがる。鮮やかな筆さばき(ってパステルだけど)にすっかり見とれてしまった。パステル数本でこんなことができるなんてすごいなぁ。

|

« 放送大学2008年1学期 | トップページ | シャーペンの芯(英語) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

モディリアーニの名前を聞くと子供の頃のことを思い出すんです。
なぜかというと、小学生の頃切手を集めていて、ストックブックの表紙の絵がモディリアーニの描いた女性だったんです。
モディリアーニの描く人物って、それぞれが違うのに、どれも本当にモディリアーニですよね(変な表現だけど)。

あなたをモディリアーニ風にっていうのは面白いね。

投稿: Kanani | 2008.04.06 08:31

Kanani さん、

そう、モディリアーニの描く人物画って独特ですよね。

だんな様(たぶん)が奥様の絵を描いてくれって頼んでおられて、「一枚はオリジナルで、一枚はモディリアーニ風に」って。40代くらいの髪の長いきれいな方で、まずはオリジナルがきれいにできあがり、モディリアーニ風のほうは、うんなるほどね、という感じで、見ていておもしろかったです。

ところで、私も切手を集めてました(^.^)。

投稿: じゃりんこ | 2008.04.06 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/40755174

この記事へのトラックバック一覧です: モディリアーニ展:

« 放送大学2008年1学期 | トップページ | シャーペンの芯(英語) »