« モディリアーニ展 | トップページ | ビデオ「活きる」(原題 活着) »

シャーペンの芯(英語)

新しいトレーナーは、レッスンプランを詳しく書くように要求する人で、限られたスペースに細かい字で書かなければならないため、今まで鉛筆を使っていたのが、最近はシャーペンが必要になった。で、部屋でレッスンプランを書いているとシャーペンの芯がなくなってしまい、「ちょっとシャーペンの芯を取りに行ってくるわ」と言おうとして、シャーペンの芯って英語で何と言えばいいのか知らないことに気付いた(^^;)。で、シャーペンを見せながら、「えーっと、これを取りに行かなくちゃいけないのよ。なんて言うの?」と手振りを交えて訊くと、

「ああ、lead ね」と教えてもらった。lead...鉛かぁ。鉛筆の芯って鉛でできてるんだっけ...と思って調べてみたら、鉛筆の芯は黒鉛でできていて、黒鉛というのは「炭素だけから成る鉱物」だそうだ。だったら carbon というほうがあたってそうだけど、まあ英語にもblack lead という言い方はあり、black lead のことを単に lead とも言うらしい。

そういえば、数年前、ホッチキスの針のことをなんというのかわからなくて教えてもらったことがある。ホッチキスの針は staple。 ホッチキスのことを stapler というのは知っていたけど、そもそも 針が staple なのだとは知らなかった。日常よく見かけるものでもその名前を知らないということは結構ある(^^;)。

|

« モディリアーニ展 | トップページ | ビデオ「活きる」(原題 活着) »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/40765091

この記事へのトラックバック一覧です: シャーペンの芯(英語):

« モディリアーニ展 | トップページ | ビデオ「活きる」(原題 活着) »