« 数え方 | トップページ | 映画「魔法にかけられて」Enchanted »

アナログの遺産

先日、映画「ファヴェーラの丘」を見て、ファヴェーラのことを歌ったサンバがあったなぁと思い、また、その後、「黒いオルフェ」のビデオを見て、無性にサンバが聞きたくなった。でも、私の持っているのはみんなLPレコードで、我が家では、LPを居間で気軽に聞ける環境にない...と思っていた。で、どうしても聞きたくなったので、フォノイコライザーっていうのを買わなきゃいけないんだよな、と思ってネットで調べると、なんと我が家のプレーヤーはフォノイコライザー内蔵の機種(AIWA の PX-E880)であることが判明(^^)。こうして、LPレコードを居間で簡単に聞くことができるようになった。

好きな曲はLPレコードのものがほとんどだから、以前から、これらをCDにできればいいなぁと思っていた。去年だったか、TEACのターンテーブル付CDレコーダー LP-R400 が出たときには、かなり心惹かれるものがあったのだけど、結構な値段なので二の足を踏んでいた。そしたら先日、ネットで「デジ造 PCA-ACU」 という製品を見つけた。レコードやカセットなどのアナログ音源をデジタル化してくれるもので、3000円弱で買える。LP-R400 に比べたら格安なので、これを購入。

レコードプレーヤーとパソコンをデジ造でつなぎ、付属のソフトを立ち上げ、早速、お気に入りのLPと、保育園で使いたい曲などを録音。なんとなくむずかしそうと思っていたことが、こんなに簡単にできることに感激(^^)。欲を言えば、録音中にパソコンから音を聞ければもっと扱いやすかったかな。一曲一曲、プレーヤーから出ているかすかな音を聞いて切り分けながら録音する、というのはさすがにちょっとめんどくさい。で、LP一枚を録音してから切り分けられるようなソフトを探すと、audacity などがあった。これはMP3ファイルなどを自動分割してくれるらしいけど、雑音が多いと無音部分を検出できないので、レコードによっては自動分割できないものもある。手動で分割したり、タイトルを入れたりするのもやっぱりちょっとめんどくさい(^^;)けど、これでどこでも気軽に聞けるようになるのはうれしい(^^)。

|

« 数え方 | トップページ | 映画「魔法にかけられて」Enchanted »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/40984499

この記事へのトラックバック一覧です: アナログの遺産:

« 数え方 | トップページ | 映画「魔法にかけられて」Enchanted »