« 映画「光州5・18」 May 18 | トップページ | パスポートの更新 »

何を払いますか?

昼休み、休憩室でついていたテレビを見ていたら、交通安全啓発のコマーシャルをやっていた。バイクに乗っていた人が不注意で危うく車にぶつかりそうになる、というもので、画面に出たコピーが "Pay attention....or Pay the price." 「注意を払いなさい...さもないと代償を払うことになりますよ。」
attention(注意) と price(代償)のどちらも pay (払う)という動詞が使われていて、うまいコピーだなぁ、英語ならではだなぁ、なんて思ったところで、はたと気付いた。日本語でも注意は「払う」っていうじゃん!「お金を払う」と「注意を払う」では、「払う」の意味は同じじゃない感じがするんだけど、英語でも同じ動詞が使われているわけだから、やっぱり何か共通する意味があるんだろう。"Pay attention or pay the price."をキャッチコピー風に訳すと「注意払う?それともお金払う?」っていう感じかな。「注意一秒、ケガ一生」もうまいコピーだと思う(^^)。

ところでこのコピーは結構よく使われているようで、You tube で保険会社のコマーシャルを見つけた。ちょっと気をそらしただけで高い代償を払うことになってしまうんだなぁと思わせられて、よくできていると思う。この他のバージョンもある。ほんと、交通安全を心がけないと。

|

« 映画「光州5・18」 May 18 | トップページ | パスポートの更新 »

英語」カテゴリの記事

コメント

本当だ、日本語でも英語でも同じ単語が使われているのね。

そして、このコマーシャルすごいね。
ローラーコースター状態で画面の様子が変わるのも気の毒だけど面白いです。いきなり棺だものね。

投稿: Kanani | 2008.05.20 10:02

Kanani さん、

ね、なんかおもしろいよね(^^)。スペイン語ではどうなのかを調べてみたら、atencion に対応する動詞は prestar といって「貸す(loan, lend)」という意味でした。「払う」にあたる動詞 pagar は「注意」には使わないみたい。万国共通というわけではないのね。

あ、動画も見てくれたのね(^^)。ほんと、いきなり棺おけだものね。「注意一秒、ケガ一生」ではすまないね。ドライバー編もあります。車を運転するものとしては、ああ気をつけなくっちゃ、という気になります。

投稿: じゃりんこ | 2008.05.20 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/41258952

この記事へのトラックバック一覧です: 何を払いますか?:

« 映画「光州5・18」 May 18 | トップページ | パスポートの更新 »