« 絵本 "I stink!" by Kate & Jim McMullan | トップページ | 映画「最高の人生の見つけ方」The Bucket List »

ペーパーウェイト(父の日)

今週のレッスンプランの担当はルームリーダーのR。彼女が父の日のプレゼントに考えたのがペーパーウェイト。先週末、家族で富士山に出かけた彼女は、そこで手ごろな大きさの石を子どもたちの人数分拾ってきた。子どもたちはそれに二日がかりでペイント。一日目の色が乾いてから、もうひとつの色を二日目に塗ってまた乾かす。紙以外のものに絵の具を塗るのはそれだけでなんとなく楽しいものがある(^^)。で、袋にシールを貼って飾りつけ、石のペーパーウェイトを色つきのティッシュでくるんでその袋に入れて完成。

今日はランチタイムに親を招待。うちのクラスはほぼ全員の子の親が来てくれた(^^)。ひとりだけ、今日だということを忘れていた方がおられたのだけど、両親ともに来ていた子のおとうさんのほうがその子の隣に座って相手をしてくれたので、その子も上機嫌で過ごせた。おとうさんにプレゼントの贈呈をし、包みを開けたおとうさんが「石??」という感じになったところ、Rが「これはペーパーウェイト。石は私が富士山で拾ってきたんだけど、子どもたちがペイントしたの」と説明すると、「富士山か」と満足そうな声があがる。

富士山の石でなくても、きれいな石なら、ペーパーウェイトってなかなかおもしろいアイデアだと思う(^^)。もう少し大きい子だと自分なりにもっと工夫して模様をつけられるだろうし。写真を撮り損ねてしまったのが残念。

|

« 絵本 "I stink!" by Kate & Jim McMullan | トップページ | 映画「最高の人生の見つけ方」The Bucket List »

保育」カテゴリの記事

コメント

こんにちはじゃりんこさん。
私の子供も保育園にお世話になりましたが、保育士さん個人のアイデアってのは聞いた事ありません。
素晴らしいですね。
<富士山の石>って、それだけで<川原の石>とは違いますよね。
Rさんが、富士山に登って、(これは役立つ!)と思ったアイデアが素晴らしいですよね。
なんだか、じゃりんこさんの職場の雰囲気も伝わってきます。

投稿: まみ | 2008.06.14 10:10

まみさん、

私たちは保育のアイデアをいろいろな雑誌やら本からもらうことは多いので(あるいはこうやってブログから情報を得たり(^^))、彼女もどこかからヒントを得たのかもしれません。でも、確かに、富士山行きという機会を最高にいかしてますよね。でもって、ただの石(?)に「ペーパーウェイト」という意味づけをするアイデアがステキだと思います(^^)。

Rは本当にいい保育士さんで、彼女から学ぶことは多いです。子どもを脅したりこわがらせたりしなくても、子どもがきちんと行動することはできるんだ、って思えるようになりました。私はいつも楽しい活動を用意して、って思っていて、もちろんそんな活動なら子どもたちはついてきますけど、ふだんの生活で守らなければならないルールを断固として守らせるっていうあたりが弱かったと思います。このことについて、また機会があったら書きたいと思います。

投稿: じゃりんこ | 2008.06.14 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/41524520

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパーウェイト(父の日):

« 絵本 "I stink!" by Kate & Jim McMullan | トップページ | 映画「最高の人生の見つけ方」The Bucket List »