« アクシデント(英語) | トップページ | おしゃれな文字 »

歌「川の向こう側に」Al otro lado del río

放送大学の試験、今期は「比較政治ー中南米」と「スペイン語入門Ⅱ」の2科目。「神経心理学」はやっぱり早々とあきらめてしまった(^^;)。

で、「比較政治ー中南米」は興味のあることなのでおもしろいし、スペイン語も、もうすぐペルー旅行を控えている身としてはしっかりやっておきたい。というわけで、今度の木曜、土曜にある試験に備えて勉強中なんだけど、なかなか続かず(^^;)...スペイン語の勉強を口実に「モーターサイクルダイアリーズ」のDVDを見たりしている。

「比較政治ー中南米」でアルゼンチンのことを読むと、「ああ、『今夜、列車は走る』は90年代だから、財政緊縮とか民営化とかの政策がとられた時期だったんだな」なんて思い、「そういえば、『モーターサイクルダイアリーズ』はいつの時代のことだったんだろう」と探し始めて(1952年、ペロン政権の時代だった)、結局、エンドロールで流れる "Al otro lado del río" (by Jorge Drexler)という歌を訳してみることにした(^^;)。

歌詞の原文はここ
映画の画面とともに、歌詞つきで歌を聞ける You tube の動画はここ


川の向こう側に

僕は流れに櫂をさす
君の櫂も僕が持とう
灯りが見えた気がする
川の向こう側に

日はだんだんと強くなって
やがては寒さを退ける
灯りが見えた気がする
川の向こう側に

つまるところ
すべてが失われたわけじゃない
涙がとめどなくあふれて
僕はからっぽの器

僕に呼びかける声がする
ため息のようにかすかに
漕げ、漕げ、漕げ
漕げ、漕げ、漕げ...と

世界のこちら側では
つかまえられないものは無意味だ
灯りが見えた気がする
川の向こう側に

僕は必死に漕ぎながら
心のなかではほほえんでいる
灯りが見えた気がする
川の向こう側に

つまるところ
すべてが失われたわけじゃない
涙がとめどなくあふれて
僕はからっぽの器

僕に呼びかける声がする
ため息のようにかすかに
漕げ、漕げ、漕げ
漕げ、漕げ、漕げ...と

僕は流れに櫂をさす
君の櫂も僕が持とう
灯りが見えた気がする
川の向こう側に

訳に完全な自信はないので、英訳を参考にしようと思ったら、アメリカ人も同じようなところで悩んでいるようで、私のわからないところは英訳もバラバラ。掲示板で質問している人もいた。こことか、こことか。
明日にでも、スペイン語ネイティブの同僚に、はっきりしないところを尋ねて、もし意味を取り違えている訳があるようなら訂正します。この歌は、スペイン語で初めてアカデミー歌曲賞を受賞したそうだ。歌詞を訳すのはなかなか楽しかった(^^)。

それにしても、この映画はやっぱりいいなぁ(^^)。

|

« アクシデント(英語) | トップページ | おしゃれな文字 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私もときどきハワイアンの曲をハワイ語辞書ひきひき、訳して遊んでいます。
歌の意味を知るのはとっても楽しいけれど、日本語にするのはとても難しいことがありますよね。冗長になりすぎないようにとか、詩的な言葉をなんて考えていたら、全然先に進まなかったりね(笑)。
あまりいろいろ考えずに楽しむことが一番でしょうか。

投稿: Kanani | 2008.07.28 16:59

Kanani さん、

ハワイ語ですか(^^)。スペイン語は文の構造が英語と結構似てるところがあるから、英語をやった後だとやりやすい面はあるけど、ハワイ語はどうなんでしょう。でも、フラをやっている以上、好きな歌の意味を知りたいよね。この間、DVDで「フラガール」を見たんだけど、踊りのしぐさのひとつひとつに意味があるのね。そのうえで、言葉を知っていると、さらに深い意味がわかることもあるのでしょうね(^^)。

>日本語にするのはとても難しいことがありますよね。

うんうん。なるべく原文に忠実に...と思っても、歌なんだからあんまり直訳調なのもなぁと思ってしまうのよね。でも、私自身は詩人じゃないからなかなか...(^^;)。まあ、あれこれ考えるのも楽しいからいいか...って、今はこんなことしてる場合じゃない気もするけど...(^^;)

投稿: じゃりんこ | 2008.07.28 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/41986480

この記事へのトラックバック一覧です: 歌「川の向こう側に」Al otro lado del río:

« アクシデント(英語) | トップページ | おしゃれな文字 »