« タイからの絵葉書 | トップページ | 映画「相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」 »

映画「JUNO/ジュノ」

予告編を見たとき、この16歳の女の子の話し方に、ついていけないものを感じ、見に行く気にはならなかった。でも、そこここで結構いい評判を聞くのでやっぱり見に行った...ら、わりと好きな作品だった(^^)。

16歳の子が妊娠。これはやっぱり一大事。当のジュノももちろんそう感じてはいるけど、「まあ、中絶するしかないか」と軽いノリ。親の承認を得なくても中絶をやってくれるところがあると聞いて出かけていくが、そこで中絶反対運動をしている友人に出会い...結局中絶をやめてしまう。でも自分にはとうてい育てられそうにないから、赤ちゃんをほしがっている人にあげよう、と結論する。

ジュノの言葉づかいにはぎくっとさせられる。たとえば、最初、ボーイフレンドに「中絶しようかと思ってるんだけど」ということを話すとき、"nip it in the bud"(つぼみのうちにつみとっちゃう)というような言い方をしていて、いやだなぁと感じてしまった。私の知らないスラング(若者言葉?)も多くて、世界が違うなと感じてしまうのだけど、しだいに、実はそうでもないんだ、ということが明らかになっていく。

日本語の公式サイトでは「興味本位で関係を持って妊娠」みたいな書かれ方をしているけど、ジュノは、興味本位で誰でもいいから関係を持ったわけじゃない。彼のことが好きだったからそういう関係になったわけで、まあ、確かに、妊娠の可能性を考えていなかったというのは不注意(というか不自然(^^;))だと思うけど...

口は悪いけど、自分の気持ちに正直で(もちろん素直に気持ちを表せないこともあるけど)、自分の頭で考えているジュノ。そして彼女の妊娠を知った家族の対応がすごい(^^)。なかなかこんな家族はいないんじゃないかなー。母親になりたいと願うバネッサも、自分らしく生きたいと思うマークも、ジュノに押されぎみのボーイフレンドも...それぞれに一所懸命なわけで、だから不快な感じがしないんだと思う。

ただ、(以下ネタバレ)

子どもはやっぱり産んでからがおもしろいんだよなーと思う。生んだあと、赤ちゃんを見ずに養子に出したジュノだけど、そんなに簡単にふんぎりがつけられるかどうかはちょっと疑問。まあでもとりあえずハッピーエンド(完璧ではなく、ビタースイートハッピーエンドだけど)だからいいのかな...

|

« タイからの絵葉書 | トップページ | 映画「相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり♪
タイトルに惹かれてコメントです。

私も映画館の予告で見て気になってた作品です。
まだ見に行けてないんだけれど
夏休みになる前のレディスディにでも行こうと思っています。

じゃりんこさんみたいに英語が堪能だと
その表現の差や意図するところも解ってより理解が深まりますよね。
私は字幕を追いかけるだけで精いっぱいだと思います(^^;

投稿: ぴか | 2008.07.04 08:32

ぴかさん、お久しぶり(^^)。

ぴかさんも映画好きなんだね。インディ・ジョーンズ、ペルーが舞台だというんで見に行こうかと思ったんだけど、ミクシィのペルーの部屋では「つっこみどころ満載」とか言われてて、やっぱいいかな、と思いました。私もあのテーマソングにうきうきする人ではあるんだけど...。
「崖の上のポニョ」は私も見に行きたいと思ってます。昨日、「マジックアワー」を一緒に見に行った友人と、今度は「崖の上...」だね、と約束してきました。ところで、「マジックアワー」、エンドロールの監督助手の名前に「宮崎駿」ってあったんだよ。本人?同姓同名?真相が知りたい。このごろ、邦画にも見たいものが結構あります。

ジュノ、ぴかさんがどういう感想を持つのか興味津津。ミクシィでの感想アップ、期待してます(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2008.07.04 08:53

遅ればせながら私も映画の感想を・・・。

この映画に登場する女性たちが生きる道は、19世紀(実はそれ以前から)アメリカの女性たちが地道な努力を重ねて切り開いてきた道につながっているのだなぁ・・というのが私の感想です。

ただ、ジュノが何もかも一人で(家族や友人の支えはあるけれど)引き受けてしまわずに、子どもの父親にも成長するチャンスを与えて欲しかったなと思います。

雑誌のインタビュー記事でジュノを演じた女優さんがパティ・スミスを尊敬していると話していたので嬉しくなりました。私も彼女のファンなので(^.^)

投稿: PFC | 2008.07.05 20:56

あ、PFC さん、リクエストに応えてくださったんですね。ありがとうございます(^^)。

確かに子供の父親はカヤの外、という感じでしたよね。でも、だから、彼は怒っていたんですよね?ジュノの場合、ボーイフレンドが結構まともな人だったのが救いだった、という気はします。

ジュノを演じたエレン・ペイジはよかったですね。パティ・スミスって私は知りませんでした(^^;)。調べてみると、もう結構お年のようですが、エレンのような若い人にも支持されているんですね(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2008.07.05 22:10

見に行こうと思ってた日のスケジュール表を見たら
なんと、ジュノの名前がない!!!

この前インディー4を見に行った時はやってたので
その週かその翌週に終わってしまったみたいです(TT)

元々予定してた日は初日で、少し遅れたのでまたにしようと窓口で聞くと
「まだまだ始まったところだし夏中くらいやってますよ♪」
とのことだったので安心してたら、夏の最初で終わりじゃないか!

思ったより客が入らなかったからかなぁ、ひと月はしてると思ってたのに!!!

というわけで、パンフはそのインディ4を見た時に抑えていたので
ざっとしたあらすじや役者のコメント程度は解りましたが、
久々に見たい映画だったから残念で仕方ありません。

あ~、DVDやレンタルででるかなぁ。

投稿: ぴか | 2008.07.12 11:28

ぴかさん、

そうなんだ、残念だね。そういうことあるよね。私も「休暇」っていうのを見に行くつもりで、次女の高校の近くの映画館であったので、PTAの会合ついでに行くつもりでいたら、その時には終わっていてショックでした(TT)。「ジュノ」も、この週の金曜で終りと出ていたのであわてて見に行きました。ぴかさんのコメントがついたときは、ああ、そっちではまだ上映してるんだな、と思ったんです。いまいち評判にならなかったんだろうね。

DVDはきっと出ると思うし、レンタルもされると思います。インディと違って、特に映画館で観なくても十分に楽しめる作品だと思うので、また感想を聞かせてね(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2008.07.12 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/41729881

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「JUNO/ジュノ」:

« タイからの絵葉書 | トップページ | 映画「相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」 »