« 日本にいる外国人の数は | トップページ | 東京平和映画祭2008 »

アメリカの兄弟関係

今日は親子運動会(っていうほどのものでもないけど(^^;)。午前中の1時間だけ、親子三輪車競走など)。先週、今週分のレッスンプランを作るときに、基地の広報誌に出ている保育園の予定を確認したら「17日 ファミリーフィールドディ」となっていた。園長先生に「こんなのやるんですか」と聞いたら、「やるわよ。そうそう、保護者にお知らせを作らなくちゃね。」ってことで、結局、保護者向けのお知らせが各クラスに掲示されたのが今週の月曜日。でもって、簡単なプログラムを作って親に渡したのが昨日水曜日の夕方。そんな急なお知らせにも関わらず、2人の親と、2人のおねえちゃんが参加してくれた。

感心したのはふたりのおねえちゃん達だ。昨日、O(オー)のお迎えに来てくれたおねえちゃんD(中学生。9月から高校1年生)に、「明日、運動会なんだけど、おとうさんかおかあさんは来られるかしら」と尋ねたら、「ふたりとも仕事があるから無理だと思うけど...あ、でも、あたしが来られますよ。10時半から行かなくちゃいけないところがあるけど、それまでだったら。」と言って、今日、参加してくれた。園庭ではOと仲良く遊び、他の子ども達にも声をかけて遊んでいる。運動会が一応終わって部屋にもどり、他のおかあさんやおとうさん、おねえちゃんが帰った後も、子ども達の相手をしてくれて(かんしゃくを起こした子を上手になだめたりまでして(^^))、結局給食のときまで残ってくれた。Oが給食を食べ始めて落ち着いたのを見計らい、「ミスじゃりんこ。帰ります」とそっと言って帰ろうとしたところをOに見つかって泣かれ、また残ってあげたり。約束の10時半はとっくに過ぎていた。気の毒なので、「Oのことは私たちが面倒みるから大丈夫よ」と言って帰ってもらったが、本当に、なんてよくできたおねえちゃんなんだろう。

日本で、弟や妹の保育園の行事に、夏休みで学校がないからといって参加してくれる兄や姉がどれだけいるだろうか。中高生は、クラブやら勉強やら、自分のことで忙しくて、それどころではないのでは。同僚のRに尋ねると、「アメリカの兄や姉がみんなDみたいなわけじゃないわ。弟や妹の面倒なんか見ない子もいるわよ」と言っていたけど、でも、兄弟仲がいい場合が多いという印象はある。腹違いの兄弟姉妹(ステップブラザー、ステップシスター)も珍しくない(だから兄弟姉妹がたくさんいる人も多い)のだけど、兄弟仲の良い悪いにはそういうことも関係ないし、養子であったとしても関係ない。アメリカの家族を見ていると、「家族って自然にできるのではなくて、作っていくものなんだ」という感じがする。

|

« 日本にいる外国人の数は | トップページ | 東京平和映画祭2008 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/41888887

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの兄弟関係:

« 日本にいる外国人の数は | トップページ | 東京平和映画祭2008 »