« 東京平和映画祭2008 | トップページ | 歌「川の向こう側に」Al otro lado del río »

アクシデント(英語)

夕方、Eのお迎えに来たおとうさんから、「今日は大丈夫だった?アクシデントはなかった?(He didn't have any accidents?)」と尋ねられた。子どもがケガをしても、重大なものでなければそれほど気にしない親もいるけれど、小さなケガでも気にする親もあり、Eの両親は後者だ。Eが擦り傷のようなものを作っていたことに私たちが気づかなくて、翌日尋ねられたり、などということも何度かあった。で、そういうふうに訊かれたので、「え、昨日も別にケガなんてなかったよなぁ。」と思いながら、「いや、今日は何もなかったと思いますけど。チェックしてみてください。」と答えると、「いや、そうじゃなくて」と言われて、ああ、そのこと、とわかった(^^)。2歳児クラスでアクシデントといえば、

トイレの失敗のこと(^m^)だ。もちろん、「アクシデント」は、一般には「事故」を意味するので、私の受け答えが間違っているわけではないけど、ネイティブの保母さんなら、おとうさんに尋ねられた時にすぐにピンときただろう。Eは2週間ほどバケーションで休みをとっていて、その間におかあさんがトイレトレーニングに取り組まれ、昨日、初めて、おむつではなくパンツで保育園に来た。昨日も一度も失敗はなかったのだが、親としてはもちろん気になるところだ。

で、答えは、「ああ、大丈夫でしたよ(^^)」だった。私たちもまだ心配なので、タイミングをみては「行かなくて大丈夫?」と声かけをしていて、本人が「平気」と答えても、一応、行かせたり、なんていうことをしている。そのあたりをどうすればいいのか、などをおとうさんと話した後、おたがいに笑顔でバイバイ。おむつの卒業は、親にとっても保育者にとっても、もちろん本人にとっても、とってもうれしいことなのだ(^^)。

|

« 東京平和映画祭2008 | トップページ | 歌「川の向こう側に」Al otro lado del río »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/41941076

この記事へのトラックバック一覧です: アクシデント(英語):

« 東京平和映画祭2008 | トップページ | 歌「川の向こう側に」Al otro lado del río »