« 本「鳥頭紀行 ジャングル編」by 西原理恵子x勝谷誠彦 | トップページ | 海外ニュースの伝わり方 »

双子の見分け方

今週の月曜日に新しくうちのクラスに入った子どものうち、ふたりは双子の男の子だ。ふたりとも背格好、髪型が同じで、顔もそっくり。おとうさんに「どうやって見分けたらいいんですか?」と訊いたら、「Cは額にバースマーク(いわゆる蒙古斑みたいなもの)があるし、Vのほうは、額の右側のところにそばかすがあるよ」と言われた。確かに、Vの額には小さなそばかすがひとつある。でも、Cのバースマークのほうは、薄くてほとんどわからない。「あと、なるべく、Cにはブルー系の服を着せるようにしてる」とのことだけど、ひとりは紺色でひとりは水色だったりするので、これだけでは見分けがつかない。ただ、必ず違う服を着せるようにはしてくださっている。

朝、登園してきたときに、おかあさんやおとうさんから離れたがらないのがVだ。Cは平気で遊び始める。そこで、「今日はこっちの服を着てるのがVね」と覚えるようにする。けど、すぐ忘れたりする(^^;)ので、結局はVの額の右側のそばかすを確認している。

クラスの子ども達には、CとVの見分け方を話していないので、彼らもどっちがどっちかわからないらしい。もうひとりの新しい子Kの名前はすぐに言えるけど、Cを指さして「これは誰?」と訊いても言いよどんだり、「V!」と答えたり。「違うよ」と言うと「C!」と答える。私たち大人でも正面から一目では見分けがつかないんだから、無理もない。

困るのが写真。新しい子が入ったら、名前と誕生日を書いた写真をクラスに掲示することにしていて、だいたいいつも私がそれを作っているのだけど、家に帰ってから写真を見て、「あれ、こっちはどっちだっけ?」...っていうことになる(^^;)。

登園時の様子の違いから多少の性格の違いはあるんだろうな、と思うんだけど、一週間ではまだなかなかわからない。他の子ども達にしても、友達の名前をどう呼んだらいいのかわからないのはちょっと問題だから、親に頼んで、何か一目でわかるような目印をつけてもらったほうがいいのかなぁ。

|

« 本「鳥頭紀行 ジャングル編」by 西原理恵子x勝谷誠彦 | トップページ | 海外ニュースの伝わり方 »

保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/42604347

この記事へのトラックバック一覧です: 双子の見分け方:

« 本「鳥頭紀行 ジャングル編」by 西原理恵子x勝谷誠彦 | トップページ | 海外ニュースの伝わり方 »