« ビデオ「39 刑法第39条」 | トップページ | レイバー映画祭2008 »

指人形(ペルー)

ペルーでは路上で「店」を開いている人を度々見かけた。食べ物だったり、衣類だったり。そういう中で、子どもがやっていることが多いのが指人形売りだった。

Puppets_4いろいろな動物の指人形で、ひとつひとつ手作り。だいたいひとつ1ソル(約40円)。"Five Little Monkeys" という、子どもの好きな手遊び歌があるので、私はそれにあわせて歌えるように、5匹のサルを買おうと思い、見つけては買っていた。子ども達も「モンキー」という英語は知っていたりする(^^)。小さなサルにもみんな小さなシッポがついていて、それぞれに表情があって可愛い。で、他の動物もやっぱりほしくなって、最後、リマの民芸品店で、いろいろな動物を買い込んだ。ゾウ、キリン、トラ、シマウマ、イヌ、オオカミ、ペンギン、トリ、カメ、キョウリュウ...。カメの甲羅には詰め物がしてあってふっくらしているし、ゾウは服を着ているし、バナナを持っているサルがいたり、トリの足など小さいところまで手を抜かずに...というか、そういう細部を楽しんで作られている感じだ。

5匹のサルは、私の保育エプロンのポケットにおさまって、ちょっとした隙間時間に活躍中(^^)。他の動物も、時々子ども達の指にのり、おしゃべりしたり、一緒にダンスをしたりしている(^^)。

|

« ビデオ「39 刑法第39条」 | トップページ | レイバー映画祭2008 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

毛糸で編んであって、素朴でかわいいですねgemini

5匹のサルがじゃりんこさんとはるばる日本までやってきて保育園で活躍しているなんて、なんだか素敵だな。
それを知ったら作った人も売ってた人も喜んでいるね、きっと。

投稿: Kanani | 2008.09.20 14:18

じゃりんこさん 私もボリビア・ペルーで指人形買いこんできました。クラスの子(小学2年生です)に1つずつお土産であげましたが、男の子が指につけては人形になりきってお話をしていてかわいかったです。タキーレ島では小さな子が器用に編み物をしていてびっくりしました。けっこう幼そうにみえたのです。保育園でも活躍していて指人形もうれしいですね。

投稿: ゆき | 2008.09.20 21:15

Kanani さん、

うん、かわいいでしょう(^^)。
「既製品」っていう感じじゃなくて、ひとつひとつ違うのがなんとも味があって。サルも顔の色が違ったりね。作る人はたぶん作る過程も楽しんでるんじゃないかな、と思いました。今度はどんなふうに変えようかって。5匹のサルをなくさないようにいつまでキープできるかな(^^;)。

ゆきさん、

ゆきさんは小学校の先生だったんですね(^^)。小学生だと、うちの2歳児達より、もっといろいろお話してくれそうで、いいですね。あたった動物の種類にもめたりはしなかったのかしら。うちのクラスだとやっぱりキョウリュウが一番人気で、ちょっと争いが起きたりします(^^;)。
ボリビアでも売っているんですね。
タキーレ島だったか、私も、子どもが路上で編み物をしているのを見かけたことはありました。不器用な私はひたすら感心してしまいました。

投稿: じゃりんこ | 2008.09.20 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/42529307

この記事へのトラックバック一覧です: 指人形(ペルー):

« ビデオ「39 刑法第39条」 | トップページ | レイバー映画祭2008 »