« 映画「闇の子供たち」 | トップページ | ペルーの食べ物 »

ペルーから絵葉書

マチュピチュから、保育園の子ども達にあてて送った絵葉書が、昨日、ようやく届いた。投函したのは、たぶん、日本時間では8月23日(消印は8月28日になっている)。届くまでに約20日かかったわけだけど、キューバからの40日に比べると速かったことになる(^^)。とはいえ、本人が帰ってから届く絵葉書というのはやっぱりちょっと間が抜けている(^^;)。

例年、3週間の休暇から戻ってくると、いろんなことが変わっていて浦島太郎状態になってしまったりするのだけど、今年はそうでもない。久々に会った保護者に、「(お子さんは)このところどんな様子でしたか」と尋ねたら、「ずっと悪態をついてたのよ」(He has been cursing) なんていう答えが返ってきて(^^;)、ええ?と思ったりもしたけど。まあ、確かに、一段とパワーアップした感じの我がクラスではある(^^)(^^;)。

|

« 映画「闇の子供たち」 | トップページ | ペルーの食べ物 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

それ、航空便でですよね? 船便だと米国でも早くて2週間だと思いますから…。

「キューバからの40日」、なぜか飛べません。

投稿: axbxcx | 2008.09.12 07:17

axbxcx さん、

そう、エアメールです。「日本に絵葉書を送りたいんだけど、いくらですか」と訊いたら5ソルだと言われ、エアメールかどうかを確認したら、そうだと言われました。で、AIR MAIL とハガキにも書いて出したのですが、POR AVION と書くべきだったのかな。

「地球の歩き方」を見てみると、ペルーから日本までハガキを送る場合は6.5ソルとなっていますが...(^^;)。でも、5ソルって200円くらいなんですよね。日本から外国へハガキを送る場合は一律70円(航空便)ですから、5ソルでも十分高いという感じはします。1ソルでおいしいパンが4個買えるし、バナナも3本は買えます。625mlのペットボトルの水が基本的に1ソルでした。観光地では2-3倍、空港では5倍以上(!)の値段になりますが。外国に郵便を送る、なんていうのは生活に必須のことじゃないから高いのかもしれませんね。

あ、それと、リンクがとばない件、ご指摘ありがとうございましたm(^^)m。直しておきました。

投稿: じゃりんこ | 2008.09.12 17:42

じゃりんこさん、それは結構高いですね。 「出張」ベースだった頃はときどき絵葉書を出していたのですが、「出稼ぎ」ベースになり、誰も喜ばなくなって、いつの間にか出さなくなりました。 国際電話も今年の6月にエチオピアから掛けたのが10年以上ぶりでした。 インターネットがありますからねえ。

「キューバから40日」のコメントに、ケニアのキスムからタイのチェンマイまで本が1週間ちょっとで着いたと書きましたが、そのときの娘が昨日の午後から休みを取って、またタイに行きました。 引継ぎが忙しいというので、私が新宿まで荷物を持って行きました。(苦笑) 今ごろは東北部の町に着いているはずです。

投稿: axbxcx | 2008.09.12 20:33

axbxcx さん、

国際電話、今回は携帯をかけまくりました。財布をなくしたために、クレジットカード会社とか銀行とかに電話をしなければならず...(--;)。で、その電話番号を調べるのにも、携帯でネット接続できるのが役にたちました。ペルーはネットカフェがたくさんあったのですが、私は一度だけプーノでトライしてみたらマックだったので敬遠し、泊っていたホステルのパソコンは日本語が読めず...。自分でパソコンを持っていけば接続できたのかもしれませんが、私の場合は本当に単なる観光旅行ですから、荷物はできるだけ減らしたくて。eee-pc とかに魅力は感じているんですけど。

娘さんは、お仕事ではなく、タイに出かけられたんですね。タイって、はまる人はすごくはまるところみたいですね。私は行ったことがないんですが。この間見た「闇の子供たち」という映画はタイが舞台だったので、タイに関わりの深い人はどんな感想を持たれるのか興味があります。

投稿: じゃりんこ | 2008.09.12 22:24

じゃりんこさん、娘は新入社員なのでまだ出張がありません。 来年、最初の出張は中国、ベトナム、タイ辺りになるようなことを言っていました。

娘は東北部が好きで(山地部のカレン族の聞き取り調査をしていました)、バンコクは苦手だと言っています。 今回も東北部です。 映画のこと、帰って来たら訊いてみます。

投稿: axbxcx | 2008.09.13 09:46

axbxcx さん、

バンコクは大都会みたいですね。ペルーも、リマと地方では全然雰囲気が違いましたけど、タイもそうなんでしょうね。たくさんの人が魅力を感じている国のようなので、行ってみたいなとは思っています。

はい、もし、お嬢様がその映画についてコメントをお持ちでしたら、教えていただけるとうれしいです。

投稿: じゃりんこ | 2008.09.13 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/42447265

この記事へのトラックバック一覧です: ペルーから絵葉書:

« 映画「闇の子供たち」 | トップページ | ペルーの食べ物 »