« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

ビデオ「僕と未来とブエノスアイレス」El Abrazo Partido

スペイン語に耳を慣らすため、いくつかスペイン語の映画をディスカスの予約リストに入れていたうちのひとつ。そんな理由で選んだので、内容もほとんど知らなかったのだけど、なかなか私好みだった(^^)。

僕(アリエル)はブエノスアイレスのガレリア(商店街)に住んでいる。商店街には、イタリア系、韓国系、リトアニア出身...など、いろんな人が住んでいる。僕の父はユダヤ人で、僕が生まれてすぐイスラエルに戦争に行ってしまった。毎月、養育費を送ってきて、電話をかけてくるけど、その後、会ったことはない。そして、僕は祖父の国ポーランドへの移住を計画中だ...

小さなエピソードの積み重ねで、話は淡々と進む(そしてちょっとだけドラマチックな展開がある)のだが、普通の(?)人々の日常生活を見られるのが楽しい(だから、起承転結のはっきりした感動的な筋書きが好きな人にはあまりおもしろくないかも)。主人公のアリエルがいまいちさえない感じ(^^;)なのにも親しみがもてる。

原題の意味は「引き裂かれた抱擁」(こちらのブログを参考にしました)。英語のタイトルは Lost Embrace となっている。やっぱりそれが中心テーマなのだろうから、邦題にそれが全然反映されていないのはちょっと残念かな。でも、ブエノスアイレスっていう言葉がなかったらスペイン語の映画だとも思わなかったかもしれないし、この邦題で成功しているのかも。

大雑把に言って、男性陣がさえない感じなのに対して、女性陣はしたたかに生きている、という感じ(^^)。アリエルの母親がそうだし、インターネットショップのリタも、アリエルの昔の恋人も、アリエルのおばあちゃんも。

これと同時に借りていたのが「パリ、恋人たちの2日間」で、これも私にはなかなかおもしろかった(結末以外は)のだけど、この映画の女主人公マリオンとアリエルの母親が恐れていたことが同じ、というのが興味深かった。それは(以下ネタバレ)

続きを読む "ビデオ「僕と未来とブエノスアイレス」El Abrazo Partido"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクトーバーフェスト

以前にも書いたことがある けど、うちの保育園ではハローウィン関連の行事はやらない。でも、月に一度は親を呼ぶ行事を何か計画するので、この時期は「ハーベストフェスティバル」なんていう名前をつけて、何か親子で楽しめることをしたりする。

で、今週の金曜日がその日で、親の出欠を確認するため、ルームリーダーのRが作ったチラシに"Oktoberfest" とあった。え、オクトーバーってOctober だよなぁ、どうしてKなの?と訊いたら、オクトーバーフェストと綴る時はいつもKなのだという。ミススペルではないらしい。でも、3人の同僚はみんなどうしてCではなくKと綴るのかは知らなかった。ただ、Rが「もともとドイツのお祭りなのよ」と言ったので、「あ、だったらドイツ語なのかな?」と思い、帰ってから調べてみるとそのとおり。ドイツ語ではoktoberと綴るのだ。

だけど、ドイツのオクトーバーフェストはビールを飲むのが中心のお祭りらしいから、保育園の行事前名としてはあんまりふさわしくないかも(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひらけゴマ!(英語)

映画「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」の中で出てきたセリフ。

"Annie's name was the open sesame to so many artists." アニーの名前は多くのアーティストにとって「オープンセサミ」だった。

"open sesame" を辞書で調べてみると、「願うままの結果をもたらす不思議な方法, 合い鍵, 難関の通行券.」(リーダーズ)となっている。アニー・リーボヴィッツという写真家がローリングストーンズという雑誌からヴァニティ・フェアという雑誌に移ったときの、その雑誌の編集長のセリフ。今まで撮影依頼に対して「うん」と言ってくれなかったアーティストたちが「アニーなら」とオーケーしてくれるようになったというのだ。

「ひらけゴマ!」という呪文が、こんなふうに名詞で使われているのはおもしろいな、と思った。

ところで、この「アニー・リーボヴィッツ...」という映画はなかなかおもしろかった。「世界一有名な女流写真家」とかいう説明がされているのでアメリカではみんな知っているのかな、と思ったら、同僚に聞いても「知らない」と言う。でも、「デミ・ムーアが妊娠中にヌードを撮ったことがあったでしょう」と言うと、それは知っている。被写体が有名人の場合は、誰が撮ったかというよりも被写体のほうに注目が集まってしまうものなのかな。

おもしろいと思ったのは、この人のお父さんは軍人なのに彼女はベトナム戦争に反対する活動をしていた、とか、どうして写真をやることになったのか、という過程とか。また、アーティストたちがこぞって、「彼女としばらく過ごしているうちに撮られていることを意識しなくなった」と話していたり、とか。

デジタルカメラができた今、誰でもある程度の写真は撮れるし、絵画ほど撮影者の力量が要求されるわけじゃない、という気はするのだけど、でも、やはりセンスのある人はいるんだなぁと思う。彼女の撮った写真で、絵のようだなぁと感じるものがある。好き嫌いでいえば、それほど私は好きじゃない写真もあるけど。サラエボに行ってからは撮影したいと思うものが変わったそうだが、もっとそういう写真を見たいなぁとも思う。

私はペルーでカメラをなくしてしまったので、友人が自分の撮った写真の中から適当に選んでCDに焼いてくれた。やっぱり写真の力はすごくて、見ているといろいろなことを思い出す。でも、同じところに行っても見ているものが違うんだなぁ、と思うこともあっておもしろい。

保育園の子ども達の写真は、私だからいいものが撮れる(表情とか)、と思うこともあるけど、技術的には全然勉強していないから、限界はある。ちょっと勉強してみたい気もする...し、そこまでこだわらなくてもいいかな、という気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日席

高校2年生の次女と話していて「お誕生日席」という言葉がわからなかったので「何それ?」と訊いたら「知らないんだー」とびっくり(?)された。長方形のテーブルの短い辺の側の席をお誕生日席というのだそうだ。現実にお誕生会をするとしたら、主役はできるだけ多くの人と近くで語り合えるような場所のほうがいいと思うし、端っこの席はふさわしくない気がする。実際、お誕生会で主役がその席、という決まり事があるわけではないようだ。それなのにどうしてそういう言葉が生まれたのかはわからないけど、とにかく次女の世代はみんな「お誕生日席」という言葉は理解しているらしい。「ジェネレーションギャップ」だと言われてしまったが、いったいいつ頃から使われるようになった言葉なんだろう。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

バス旅行

次女の高校のPTA研修?旅行。相田みつを美術館ー築地でお昼ごはん&場外市場散策ー隅田川の川下りー浅草散策、という行程。美術館以外の場所にはすでに個人的に行ったことがあるのでそれほど期待していなかったのだけど、とても楽しかった。

特に築地場外市場。築地というとやはり「魚」。次女からも「築地に行くなら”いかめし”を買ってきて」とのリクエスト。以前築地に行ったときに買ってきたのがおいしかったのだという。でも魚介類だけじゃなく、乾物屋さんも多いし、おいしいお豆腐屋さん(試食させてもらった(^^))もあるし。なんと、クジラのベーコンを見つけ、よっぽど買おうかと思った。山猫やパンダの剥製をかざっている店があったり、ウロウロするのが実に楽しいところだ。

行きのバスの車内では各自自己紹介をしたのだけど、これもとてもおもしろかった。参加者が50人以上だったので、ひとりが1分話したとしても50分以上かかる。というわけで、簡潔に話してもらうために、子どもの学年クラス、名前、住んでいる所、のほかは、座席においてあった質問カードの質問に答える、という形にした。質問は「マイブームは?」「一番楽しかったことは?」「行ってみたい場所は?」「生まれ変われたら?」「誰のファンですか?」の5つで、どれかに○がついている。で、答えがそれぞれおもしろくて。みなさん、短い時間で上手に話をまとめられるので感心してしまった。マイブームは「娘と一緒にイケメンさがし」「朝バナナダイエット」など。生まれ変われたら「男になりたい」「もう一度同じ自分になって、今までの失敗をしないようにしたい」...などなど。

PTAの文化研修委員会で旅行担当だったので、今日で役目も一段落。PTAの役員も「委員」などをされた方は大変だったと思うけど、長ではなかった私は楽しんだだけ、という感じだ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2歳児の頭ん中

保育園の2歳児クラス。昼ごはん前でちょっと疲れの見えてきた子ども達に「バンバンバンって楽器を鳴らそうか」と提案したら、乗り気になってくれた。そこで、クローゼットからその「楽器」(円盤と棒など)を取り出そうとしたのだけど、ずいぶん高いところに片づけられてしまっていて、私には届かない。一所懸命背伸びをしてみるけど、届かないので、子ども達に「ミスじゃりんこには届かないわ。どうしたらいいと思う?」と訊いてみた。椅子や机などの上に乗ることは禁じられているし、そのほか踏み台になるようなものは部屋の中にないのだ。どうしたものかなぁ、と思いながらもう一度背伸びを試みていたら、なんと

続きを読む "2歳児の頭ん中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Be there or be square

保育園で、毎日タイムスタンプを押すところの横にメッセージ。
「今夜○○で必須の研修があります。Be there or be square!」

Be there or be square? 出席してね、でなければ square よ!...square って...四角?広場?

で、近くにいた人に「be square」ってどういう意味なのかを聞いたら、それを書いた事務の人が笑って、「あ、これはちょっと古い言い回しなのよ。」と言い、「ねぇ、じゃりんこが"Be square" ってどういう意味って聞いてるんだけど」とまわりの人に話題を振った。その場にいた4、5人が「え?Be there or be square? 何、じゃりんこは知らないの?」という感じで、みんなで説明してくれたのだが、この場合の square は「クールじゃない人」くらいの意味らしい。

帰ってからネットで調べてみると  square は nerd というような言葉で説明されている。同僚もここの定義と同じような言葉を使って説明してくれた。要するに、「必ず出席してね、でなけりゃ時流に遅れちゃうわよ」という感じの言い回しで、70年代?によく使われていたらしい。

70年代、といえば、先日、三浦和義さんがロサンゼルスの拘置所で自殺したことで、"Peace, pot, microdot" という言い回しが話題になった。毎日新聞の説明によれば、 この3語ともドラッグを意味する言葉で、全体として「さよなら」という意味で使われるヒッピー用語だとのこと。ロスへ移送中、三浦さんのかぶっていた帽子にこの言葉が書かれていたので、三浦さんは自殺を考えていて、「さよなら」のメッセージを送っていたのもしれない、というような憶測が流れている。

で、この言い回しについて、職場で20代、30代、40代、50代(推定)の人たち数人(50代?の黒人女性をのぞいてみんな白人女性)に聞いてみたけど、誰一人知っている人はいなかった。pot がマリファナのことだ、というのはみんな知っていたけど、peace や microdot がドラッグをさすのかどうかはわからない。「ヒッピーの用語なんだって」と説明すると、「ああ、ヒッピーはよく peace って言ってるわね」という反応。

Be there or be square が70年代の言葉なら、ヒッピーも70年代頃じゃないのかと思うのだけど、みんな、peace,pot, microdot という言葉は知らないんだなぁ。調べてみるとヒッピーは60年代後半に始まったものらしい。でも、ヒッピー用語はやはりそれほど一般的ではないようだ。
オンラインの現代英語辞書?による定義はここにあるから、使われていたことは確かなようだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「女工哀歌」China Blue

世界の人々がふだんはいているジーンズを作っている中国の人たちの話。ドキュメンタリーだけど、ちょっと脚本があるのかな、というような印象。

注文主は先進国の小売業者。消費者に安くて良い品を提供するために、中国の工場の製品を買いたたく。そのため、工場で働いている人たちは低賃金の長時間労働をしなければならない。納期に間に合わせるために、夜中の2時3時まで働いて、しかも給料日に給料が支払われなかったり...。見ていて、え、中国って社会主義の国じゃなかったんだっけ?と混乱してしまった。

でも、映画は、労働者の悲惨な生活ばかりを描いているわけじゃない。仲間うちで踊ったり、恋をしたり、将来の夢を語ったり...田舎に帰省した娘を迎える家族のうれしそうな様子が描かれていたり...。

故郷の家族に見せるために、きれいな衣装を着て写真を撮る少女たちを見て涙が出てきてしまった。家族にはつらい生活のことを話さないのだ。「この仕事があって幸せなのかもしれない」と言う。

私もやはり安くて良い物を歓迎するけど、でも、「どうしてこれがこんなに安くできるのか」ということについてもっと考えるべきなんだろうな...中国の人たちがそんなひどい労働環境で働かなければならないのは、そういう私たちのせいなのだから...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シティバンク

ペルーで財布をなくしたときに、すぐにクレジットカードやキャッシュカードは使用停止の手続きをした。で、クレジットカードはそのうち新しいのが送られてきたけど、キャッシュカードは自分で再発行の手続きをとらなければならないようだ。給料の振込口座になっているメインバンクのキャッシュカードはクレジットカードとの一体型で、銀行から連絡が来て手続きをしたが、シティバンクからは連絡もないし、実際、海外旅行のときくらいしか使わないわけで、手元になくても特に不便を感じないのでのびのびになっていた。

それで今日(^^;)電話連絡を入れて初めて知ったのだが、私の円普通預金の口座は休眠状態になっているのだ、ということ。2年以上キャッシュカードを使っての取引がなかったので、キャッシュカードで入金も出金もできない状態なんだそうだ。そのことは規約に書いてあるらしいけど、口座が休眠状態になっていることについてはこれまで一切連絡がなかったので、私はまったく知らなかった。キャッシュカードを使っての取引はないけど、オンラインで取引をすることはできたし、たまに口座明細も送られてきていたし。ペルーにシティバンクのキャッシュカードを持って行っていたけど、すでに使えない状態だったわけだ(x_x)。

調べてみると、日本の銀行でも口座を休眠状態にすることはあるようだけど、たいていもう少し長い期間(10年とか)だし、そのことをお知らせしてくれるようだ。でも、りそな銀行は2年間出入金のない残高1万円未満の口座を休眠口座として管理料をとることにしたらしいから、今後、日本でもそういう銀行が増えていくのかもしれない。

もっとも、シティバンクは、休眠状態になったからといって管理料をとるわけじゃないし、残金を没収するわけでもないので、大騒ぎするようなことじゃない....のかもしれないけど、本人に何も知らされていなかったことにはかなりびっくりしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずまず

高2の次女は試験期間中。

じゃりんこ:今日の試験はどうだった?
次女:古典と世界史はまずまず。
じゃ:化学は?
次女:まずまず。
じゃ:じゃ、みんなまずまずだったのね?
次女:だから、古典と世界史はまずまずだったよ。
じゃ:化学は?
次女:まずまず。
じゃ:ああ(*_*)!

文字で書いても全然わからないけど、古典と世界史の「まずまず」と化学の「まずまず」では、イントネーションが違うのだ。まあ、普通、化学のほうの「まずまず」という言い方はしないけど。
理系志望だという彼女、今回の試験の結果次第では考え直さなければいけないかもしれない、と言っている(--;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本「2歳 あとは自分でできるもん!」by 山下久子、川野彰子ほか

年齢別保育実践シリーズ。0歳から5歳まであるのだけど、図書館で「2歳」は貸出中のことが多く、なかなか借りられなかった。

福岡県のまつぼっくり保育園の1年間の実践をまとめたもの。ここの環境はとてもうらやましい。大学の構内(跡地?)にあって、車通りなどもあまりなく、お散歩を楽しめるような自然がまわりに豊富だ。そして「してはいけないこと」が少ない。

読みながら自分の園と比較して愚痴りたくなることが多かった(^^;)。
ここの園で実践されているようなダイナミックなどろんこ遊びはうちの保育園ではできない。お砂場着を着て服を汚さない、というような条件ならできるかもしれないけど、保育園が全員のお砂場着を買ってくれる、ということはないだろう。そもそも、今、砂場がない(--;)。犬、猫のフンなどが心配ということで閉鎖されて以来、新しい砂場は設けられていない。プールも2歳児は入れない。トイレトレーニングを終わっていない子どもがいるので、水につかることはできなくて、スプリンクラーやホースを使って遊ぶくらいだ。散歩の途中で水たまりに入ってバシャバシャ水しぶきをあげて楽しむ...なんてありえない。うちの保育園では「あれはだめ、これはだめ」というのが本当に多い。レッスンプランをチェックするのはトレーナーで、トレーナーによっては柔軟な対応をしてくれる人もいるけれど、規則を曲げるわけにはいかないので何でも許可してくれるわけではない。

って、うちの保育園に関して否定的なことばかり書いてしまったけど、じゃあ私がこの保育園にいたらもっとよい保育ができたかというと、どうだろう。とにかくこの実践を書いている保育者は、子どもをよく見ているなぁと思った。あとで、この人たちが、保母経験2年目と3年目なのだと知ってびっくり。いい保育ができるかどうかは、必ずしも経験の豊富さとは関係ないんだな...でも、この人たちも園長先生そのほかの先生の支えがあったからこそできたことだとは思うけど。

お昼寝の布団敷きのときに好きな場所をとるために喧嘩していた子ども達が、自分たちでそれを解決していったエピソードが特に好きだった(p.186-191)。保育者が口出しするのではなく、よく子ども達にまかせられたなぁと思う。私はなかなか待てなくて、つい、ああしろこうしろと言ってしまうけど、そうすることで子ども達が自分で解決する力をつけるのをつみとっている部分が多々あるんだろうなぁ...

愚痴ばっかり言っていないで、うちのクラスの子ども達にも、もっとみたて遊びを楽しませてあげたり、私にもできることはあるはずだよな...

48451027222歳児 あとは自分でできるもん!―「みたてあそび」の世界にあそぶ子どもたち (年齢別保育実践)
日野 照子
労働旬報社 1992-12

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3億円あったら

10月から放送大学の後期が始まった。今期は「保育カウンセリング」「心理学研究法」「発達障害児の心と行動」をとっている。今日は「保育カウンセリング」が夜の7時からだったので、ラジオを録音しながらリアルタイムで聞いていたら、高2の次女が帰宅。で、ちょっとその講義を聞いていて、

次女:これ、大学の講義なの?
じゃりんこ:そうだけど。
次女:なんか、小学校の道徳をちょっと難しい言葉でしゃべってるっていう感じ。
じゃ:そう...? うーん、この先生の授業、前にも取ったことがあるけど、ゲストを迎えてゲストにしゃべってもらって、あとちょこちょこっと対談して終わり、とか、結構あったな。
次女:それでお金もらえるんだ。
じゃ:大学の先生って好きなことしてお金もらえるんだからいいよね...って、まあ、好きなことを仕事にしてる人はたくさんいるけどさ。この間会った友達も、好きなことを仕事にしたから、「3億円もらったとしても、仕事はやめないと思う」って言ってたわ。
次女:ふうん...(おかあさんは)3億円あったら、仕事やめる?
じゃ:うーん...むずかしい。この仕事してなかったらわからないことってあるからなぁ...でも、お金の心配しなくていいなら、世界を旅してまわるのもいいなぁと思うけど。あなたは?
次女:うーん...貯金して使わずに終わりそう...

ややあって

次女:ディズニーランドの貸切っていくらすると思う?
じゃ:ええ?
次女:要するに1日の売り上げ分を払えばいいわけでしょ。パスポートが5000円だとして、10人で5万円、100人で50万円...
じゃ:1万人で5000万円、10万人で5億!...3億じゃ足りないじゃん。
次女:1日10万人も入場するかなぁ...

調べてみると、ディズニーランドとディズニーシーの1日の平均入場者数は約7万人 だそう。入場料だけでなく、駐車場やらレストランやらグッズの売り上げも考えなければならないわけなので、1日貸切3億円では無理そうだ。ただ、現実には1日の貸切はやっていないらしい。、夜数時間の貸切はできる 。これなら3億円以内で可能...だけど、まあ私は別にやりたくないかな。

こんなことを話しながら、ふと思った。私って、ふだん、NPOに寄付とかなんとか言ってるくせに、現実にすごいお金が手に入ったとしたらそれをポンと寄付しようなんていう考えがまず頭に浮かぶっていうことはないんだなぁ、と(^^;)。そういえば、前も同じような題で書いたことがあるよな、と探してみたら、4年前「2億円あったら」というのを書いていた。で、このときも、私がしたいことは海外旅行で、次女がやるかもしれないことは貯金だった(^^;)。今からさらに4年後はどうだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »