« 絵本「とってください」by 福知 伸夫 | トップページ | 映画「ブタがいた教室」 »

プリンタ EPSON EP-901A

前回プリンタ PM-A700を買ったのが2005年の2月。で、先月、その廃インクの吸収パッドがいっぱいになって動かなくなった。パッドの交換は自分ですることはできず、エプソンに送らなくてはならない。その費用が1万円近くかかる、ということで(追記:コメント欄で指摘をもらってエプソンに問い合わせたところ、これは勘違いであることがわかりました。廃インクパッド交換のみの場合は4200円プラスドアツードアサービスの送料1575円で、5775円になります)、思い切って新品を買うことにした。というのは、できれば CD/DVDレーベルの印刷ができるプリンタがほしいな、と思うようになっていたからだ。

今まで保育園の子ども達が次のクラスに移ったりアメリカに帰ったり、というときにアルバムを作ってあげるようにしていたけど、写真をプリントしてレイアウトするのはかなり時間がかかるし、すべての写真を印刷するわけにもいかない。でも、写真をCDにコピーするだけならそれほど大変でもないし、その子の写っている写真をみんな入れてあげることができる。で、どうせならCDに子どもの写真をプリントしてあげたい。

というわけで買ったのが エプソンの EP-901A。エプソンは廃インクの吸収パッドの交換が自分でできず高額のコストがかかる、というのは難点(他のメーカーはそんなことはないのかどうか知らないけど)だけど、PM-A700 も特に目立った故障もなく快適に使ってきたし、エプソンの「Webプリワールド」 というサイト(写真のフレームなどが提供されている)を活用させてもらっているので、やはり使いなれたメーカーがいいな、と。

今までエプソンの高級機はとにかくでかくて我が家のプリンタスペースには置けなかったが、EP-901Aはずいぶんコンパクトになった。前面給紙なので背面・上面に余分なスペースが必要ないのがありがたい。給紙トレイにはA4とハガキサイズ、などのように2種類の紙をセットしておける。ところが、これ、うちの次女には不評。我が家では、地図など、自分用にメモする程度の印刷には、うちの職場の研修で使ったプリントの裏を使ったりしているのだが、これがA4ではなくレターサイズ。アメリカのオフィスの標準であるレターサイズはA4とは微妙に大きさが違うのだ。PM-A700 は背面給紙方式で、普段の印刷用にレターサイズの紙を置いておき、提出用などのためにきれいなA4に印刷したいときは、1枚だけA4をその上に載せる、というやり方でも問題なく印刷できた。ところが EP-901A では、きちんとそのサイズにセットしないとエラーになってしまう。裏紙を使うのをあきらめてA4をセットしておけばよさそうだけど、次女は学校の文書はB5が多いそうで、どっちにしてもいちいちセットしなければならない。基本的にA4とL判しか使わない、という場合はこのトレイはとても便利だと思うけど、うちでははがきサイズもL判も使うから、確かにちょっとめんどう。それでも私は省スペースになる前面給紙方式のほうがいいけど、次女からは「次買うときはこういうのはやめてね」と言われている(^^;)。

初めてこのプリンタで印刷したのが写真だったのだけど、インクがにじんでひどい状態になってびっくり。何度やっても同じ。初期不良か、と思ったら、紙のセットの仕方を間違えていたのだった(^^;)。PM-A700 では、印刷される面を上にして紙をセットしていたから、説明をよく読みもせずつい同じようにセットしてしまっていた。トレイには印刷される面を下にする、というのが常識なんだろうか(^^;)。さすがにもう慣れたけど、私のように今までエプソンの背面給紙方式のプリンタを使っていた人は同じまちがいをするかもしれないので、給紙トレイに一言「印刷面を下にしてください」という注意書きが貼ってあるとありがたいかな。

初めてCDに印刷するときは、まず、CD試し刷り用紙でやってみたけど、このときも1cmほどもずれてしまってびっくり。原因がわからないまま裏面でもう一回やると今度はその紙を詰まらせてしまい、どうやって取り除けばいいのかもわからず(マニュアルに対応はのっていなかった)サポートに電話する始末(^^;)。でも、紙を取り除いた後、もう一度やるときれいに印刷でき、本物のCDにはとてもきれいに印刷できて感激。子どもの写真がプリントされたCDっていいよなぁ、と自己満足(^^)。あ、もちろん親にも喜んでもらった(^^)。CDレーベルを作成するためのソフトもついているから、手軽に楽しめる。

これの下位機種のEP-801A もほとんど同じ機能がついている。大きく違うのはオートドキュメントフィーダーがないことと、無線LANがオプションになっていることくらいだと思う。オートドキュメントフィーダーって今のところ私は特に必要を感じないし、これがついていないほうが表面がフラットになっていいと思うのだけど、無線LANに標準で対応しているのは魅力だったので EP-901A を選んだ。で、やはり、デスクトップを立ち上げなくてもノートパソコンからワイヤレスで印刷できるのは便利。今後、娘たちが自分のパソコンを持つことになっても、ワイヤレス接続ができるプリンタは重宝するだろう。

多機能なので使っていない機能もまだまだあるけれど、買ってから1か月以上たったので感想を書いてみた。とにかく写真の印刷は速くてきれい(他のメーカーと比較したわけではないけど、PM-A700や職場のレックスマークのプリンタに比べると断然そう)。コピーに縮小・拡大機能がついているのも便利。タッチパネルで軽快に操作できて、ほとんど普通のコピー機を使う感覚。これからの季節、年賀状印刷にも活躍してくれることを期待(^^)。

|

« 絵本「とってください」by 福知 伸夫 | トップページ | 映画「ブタがいた教室」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

パッド交換は修理じゃないので4200円ですよ。
勘違いでしょう。
ま、送料等で5000円位になるようです。

投稿: E. | 2009.08.05 06:56

E. さん、

そうなんですか。
往復の送料ももう少しかかりそうに思えますが...。
ちょっと今調べなおしている時間がないので、また保育士資格試験が終わったら調べてみますね。

投稿: じゃりんこ | 2009.08.05 07:03

コメントで気がついたのですが、じゃりんこさんはEP-901Aを買われてたんですね。 我が家は先月、PM-A850をEP-801Aに入れ替えました。

仕事では安いレーザー、Brother HL-2140を中心に使っていますので、主に家庭用という位置づけです。 ケチなので無線LANはやめて、iMacにつないだままにしました。

PM-A850は写真を印刷すると線が入ったりするようになっていましたから、普通に印刷できるということが嬉しかったりします。

投稿: axbxcx | 2009.08.06 09:45

axbxcx さんのところも EPSON でしたか(^^)。
やっぱり写真は EPSON がきれいだなぁと思って EPSON を使うようになってから、買い替えが必要になっても、結局使いなれた EPSON を使っています。今ではどこのプリンタでも、値段が同じくらいなら(?)それなりにきれいに印刷できるのでしょうけどね。

無線LANに対応しているかどうかで1万円も違いますから大きいですよね。デザイン的にも 801A のほうが好きですが、家庭内LAN をどうもうまく組めていない(ノートからデスクトップが見えたり見えなかったり、という状況です(^^;))私には、無線LAN 対応のこの機種はやっぱりありがたいです。ノートから印刷することも多いですから。

でも、ランニングコストはやっぱり結構かかりますね。DVD レーベルとかはすごくきれいに印刷できるし、総じて満足していますが、使っているといろいろ思うこともあり...また機会があったら書きます(^^;)。

投稿: じゃりんこ | 2009.08.06 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/43248715

この記事へのトラックバック一覧です: プリンタ EPSON EP-901A:

« 絵本「とってください」by 福知 伸夫 | トップページ | 映画「ブタがいた教室」 »