« 姉妹喧嘩 | トップページ | 絵本「とってください」by 福知 伸夫 »

チップの習慣

基地で上映されている映画で見たいのがあり、同僚のRと見に行ってきた。映画は今日土曜日の1時からだったので、その前に基地の外にあるファミリーレストランで食事。彼女は基地以外の場所では、アウトバックとかハードロックカフェなどアメリカ系のレストランでしか食事をしたことがないそうだ。日本語がわからないので、メニューの写真を見てもそれが豚肉なのか牛肉なのかなどわからないし、注文する勇気が起きないと言う。「わけのわからないもの(タコとかイクラとか(^^;))は決して食べない」という人ではなく(そういう人もいる)、「何でも試してみよう」という感じの人なんだけど、せめてタコだとか魚の卵だとか、そういうことはわかってから試したい、ということのようだ。

で、支払の段階になって彼女がふと漏らした言葉が「ああ、ここでチップを渡さないっていうのは私にはヘンな感じがするのよね」。今まで「日本ではチップのことを考えなくていいからラクだよ」というような話は何度か聞いたけど、やっぱり彼女のような人もいるんだな。「気持のよいサービスをしてくれたらそれに対して払いたいと思う」のだそうだ。確かに、私たちのテーブルに食事を運んだり片づけたりしてくれた人は、にこやかな感じのよい人だった。Rはアウトバックなどには何度か行っていて、顔なじみになった人にはチップを渡しているのだそうだ。

私は外国に行ってチップの習慣のある国だとやっぱりちょとめんどくさいな、と感じてしまう。どのくらい渡せばいいのか、どういうタイミングで渡せばいいのか戸惑うし、お礼の気持ちとしてむき出しのお金を出すことにもちょっと抵抗がある。でも、チップは純粋な感謝ではなく、やはりビジネスとしてのサービスに対する対価ということなのだろう。

で、見た映画は「旅するジーンズと19歳の旅立ち」。私の大好きな映画のひとつ「旅するジーンズと16歳の夏」の続編。日本での公開がペルー行き直前で見に行くチャンスがなく、ペルーから帰ってきたときにはもう終わっていた(--;)。感想は...うーん、字幕がないので完璧に理解できていないところがあるせいもあるだろうけど、やっぱり1作目のほうがよかったな。2作目は、4人の女の子それぞれの話が、あっちが少し、こっちが少し、という感じでめまぐるしく展開する(1作目はもう少しそれぞれの話がまとまってたと思う)ので、ちょっとあわただしい。でもギリシアの風景はとても美しかった...し、元気な4人の姿を見るのもなんか嬉しかった(^^)。

|

« 姉妹喧嘩 | トップページ | 絵本「とってください」by 福知 伸夫 »

米軍基地保育園」カテゴリの記事

コメント

私もチップってホント難しいなと思います。
アメリカなどチップが当然の国でもレストランなどは別として、たとえばホテルでちょっとタクシーを呼んでもらった場合どうしようとか考えることがあります。

しかもその他の国ならもっと悩みは大きくて。。。
私の同僚もアメリカ人が多いのでわりとどんな国に行ってもチップをあげてしまう人が多いみたいです。
もちろん親切なことではあるし、彼らはチップをあげないと罪悪感を感じるみたいなのですが、それが問題を引き起こすこともあり…。

今はもう行くことがないのですが、以前仕事で北京によく行っていました。
空港からホテルまではバスが迎えに来てくれて同僚全員(総勢14人くらいかなぁ)で移動します。車中でドライバーさんに渡すためのチップを入れる封筒がまわってきて中にはみんなが入れた1ドル札がたくさん。私も当然のように1ドルを入れたのですが、合計の10数ドルって現地の方にとっては相当の大金。。。。。
ついにはバスの運転手さん同士でけんかになってしまったそうなんです。
「俺が空港に迎えに行く!」「いや、俺だ俺だ!俺に行かせろ~」みたいに。

いやはや、冗談みたいな話ですが、本当のこと。
難しいですね、チップ。

投稿: Kanani | 2008.11.23 11:09

Kanani さん、

おもしろい(って言っていいのかな(^^;))エピソードをありがとう(^^)。そうですよね、私が中国に行ったのは10年くらい前だけど、物価はすごく安かったから10数ドルっていったら大金だよね。喧嘩になるのもわかります。外国でチップを渡すときは、現地の物価水準とかも考えないといけないといけないんだよね。

ラスベガスでバスに忘れ物をしたことがあり、それをホテルに届けに来てくれたのですが、私は指定されたのとは違う入口にとりに行ってしまい、指定された入口はそこからまたすごく遠くて(ホテルがばかでかい(^^;)ので)困っていたら、「ここを通るといいよ」と、従業員用の通路?などを使って親切に道案内してくれたホテルマンの方がいました。歩きながらのおしゃべりも楽しくて、無事に目的地に着いたときは本当にありがたかったのでチップを渡そうとしたら「そんなのいいよ」と言われました。ホテルマンとして当然のことだからいらない、という感じだったのですが、ちょっと荷物を運んでもらってもチップを渡すのが当然という感じだし、どういう状況では渡してどういう状況では必要ないのか??です。ほんと、アメリカでもむずかしいです。


投稿: じゃりんこ | 2008.11.23 20:23

初めまして 井野瀬 咲(イノセ サキ)と申します。
ブログを拝見させていただきました。
私も米軍基地内の保育園で働きたいと思っておりメールをさせていただきました。
私はオーストラリアの専門学校で以前保育の勉強していました。日本では保育士の資格はないのですがこれから取得しようか悩んでいます。しかし、米軍基地内の保育園なら働きながら資格が取れると聞きやりたいとおもいました!!
制度を詳しく教えていただきたいのですが。。。暇なときメールを頂けたら光栄です*
よろしくお願いします!!

投稿: 井野瀬 咲 | 2009.01.09 01:35

井野瀬 咲さん、はじめまして。
この掲示板にも何度か書いていますが、米軍基地の保育士は求人があまり多くありません。仕事に就いてから研修を受けますが、保育士の資格が取れるというわけではありません。私も日本の保育士の資格は持っていません。
暇なときに、この掲示板や「米軍基地保育園」というカテゴリの記事を読んでみてくださいね。

投稿: じゃりんこ | 2009.01.09 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/43192248

この記事へのトラックバック一覧です: チップの習慣:

« 姉妹喧嘩 | トップページ | 絵本「とってください」by 福知 伸夫 »