« 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 | トップページ | 出発! »

アンクル・サム(英語)

映画「アクロス・ザ・ユニバース」から。ジュードとルーシーが一夜をともにして、ベッドの中にいるところへ、ルーシーの兄のマックスが入ってくる。「そういうことだったのか」というマックスに「そういうことだったんだよ」と答えるジュード。そこでマックスがふたりをちょっとからかったので、ルーシーが「もう、お兄ちゃん、出てってよ」という感じの対応をするのだが、そこでマックスの一言。「おまえたちはそうやってよろしくやってるけど...」

I've got a date with Uncle Sam.
こっちはアンクルサムとデートしなきゃなんないんだ。

アンクルサムーサムおじさん、というのは「アメリカ国家」を意味するんだそうだ。聞いたことがあったような気がするけど、実際にこんなふうに使われる場面にあったのは初めてだった。United States とイニシャルが同じ(Uncle Sam)なので、こう呼ばれるらしい(ウィキペディアより)。このウィキペディアのページにあるアンクル・サムのポスターが、映画の中でもこの場面のあとに出てきて、みごとにはまっていた(^^)。マックスには、「ベトナム戦争に出兵するように」という通知が来ていたのだ...

典型的なイギリス人のことを「ジョン・ブル」と呼ぶ、というのも聞いたことがあるけど、イギリス国家そのものを指す場合もあるらしい。そしてフランスのことは「マリアンヌ」と呼ぶのだそう。フランスが女性名というのはなんとなく納得(^^)。日本を擬人化して呼ぶ決まった呼び方はないようだけど、あるとすればやっぱり男性のイメージかなぁ...

|

« 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 | トップページ | 出発! »

英語」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。 あのアンクル・サムのポスターの印象は強いですね。 顔や格好もああじゃなければいけないような…。

日本ですが、実は私は女性的なイメージを持っています。 女系と言った方がよいかも知れませんが…。

最近、「ラースと、その彼女」を観ましたが、私にとっては今年のベストかも知れません。 レンタルで観た「幻影師アイゼンハイム」も佳作でした。 まあ、エミリー・モーティマーとポール・ジアマッティのファンですから、その分は差し引いて頂く必要がありますが…。

投稿: axbxcx | 2008.12.24 09:20

axbxcx さん、

あのポスターは有名だそうですね。私は全然知らなかったのですが(^^;)...

日本が女性、というのもありそうな気もします。「天照大神」も女神だそうですし。でもやっぱり男社会、という感じがします。

最近、見たい映画がいくつか出ているのですが、年末、しばらく出かける予定なので、見れるとしても年が明けてからになりそうです。年が明けるとまたほかに見たい映画もあり、で、放送大学の試験も近づき...なので、見たい映画のうち、映画館ではせいぜい1、2本しか見られないんじゃないかなぁ。「ラースとその彼女」はDVDが出たら見てみます。「幻影師アイゼンハイム」はディスカスの予約リストに入れました(^^)。

最近、DVDで見たもので、ここに書いていないのでは「氷海の伝説」というのが壮大な話でおもしろかったです。イヌイットの人たちが作ったイヌイット語の映画で、最初ちょっとわかりにくいんですが、イヌイットの人たちの暮らしや考え方が興味深かったです。「潜水服は蝶の夢を見る」もよかったです(^^)。

投稿: じゃりんこ | 2008.12.24 10:21

「ラース、」は確かにDVDでも構わないと思います。 脚本がとにかく素晴らしい…。

「氷海の伝説」、惹かれますね。 「イントゥ・ザ・ワイルド」も観ていないので、下高井戸に来るのを楽しみにしています。

「潜水服」は有楽町で観て、気になったので映画ですが本も読みました。 本当にスゴイ話です。 BUNKAMURAで観た「画家と庭師とカンパーニュ」とか、DVDで観た「ぜんぶ、フィデロのせい」「譜めくりの女」とか、やっぱりフランス映画はフランス映画と言うか…。

投稿: axbxcx | 2008.12.24 15:50

axbxcx さん、

「氷海の伝説」は、文化人類学的な興味を持っている人にはかなりおもしろいと思います。「イントゥザワイルド」も好きな作品でした。というわけで(?)、年末は寒いところに行ってきます^^。

「潜水服」はおどろおどろしそうな話だなぁと思っていたんですが、素直にすごい話だと思いました。奥さんが、恋人との会話を通訳する場面がなんとも...でした。

>やっぱりフランス映画はフランス映画と言うか…。

「パリ、恋人たちの2日間」では、アメリカ人男性(この人、なんとなく雰囲気がポール・ジアマッティに似てると思うんですが)がその「フランス性」みたいなものにキレてて、これもおもしろかったです。ラストがいまいちでしたけど。

投稿: じゃりんこ | 2008.12.24 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/43510434

この記事へのトラックバック一覧です: アンクル・サム(英語):

« 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 | トップページ | 出発! »