« ナクバとホロコースト | トップページ | アンクル・サム(英語) »

映画「アクロス・ザ・ユニバース」

ビートルズの歌を33曲つなげて作ったミュージカル映画。歌詞がストーリーにうまくはまっていて、たとえば「ストロベリーフィールズ」ってもともとそういう含意のある歌なのかと思ってしまった。ビートルズの歌は結構聴いたけど、大部分は歌詞よりも音を聞いているだけだったりする(^^;)から、歌詞を知って「ああ、そんな歌だったの」と(^^;)。で、やっぱりビートルズには美しい曲が多いなぁ、と、音楽も、映像も、ストーリーも楽しめた。映画ってアートになるんだ(^^)。

主人公ジュード役のジム・スタージェスが"Girl"を歌うところから始まる。この人、歌、うまいなぁ(^^)。で、ジュードの下宿先の大家さんとなるセディ役のディナ・ヒュークスという人がまためちゃくちゃうまい、と思ったら、もともとミュージシャンだったのだと知って納得。

ニューヨークにはいつか行ってみたい。

一番、好きだったシーンは(以下ネタバレ)

やっぱり最後、ジュードが "All you need is Love" を歌うところ。ありがちな展開だけど、じわっときてしまった。

"Hey Jude"で、マックスが「ジュ・ジュ・ジュ・ジュ...」と歌うところや、 "She's so heavey" もよくできているなぁと感心(ちょっと笑ってしまった)。"Oh! Darling" を歌うセディにジョジョが絡む場面や、ルーシーやプルーデンスがしっとりと歌うビートルズもよかった(^^)。

|

« ナクバとホロコースト | トップページ | アンクル・サム(英語) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画は、見逃してました。早速、レンタルを予約しましたよ。次回の旅に持参して、機内で観ようと思います。

投稿: ジー | 2008.12.23 11:46

ジーさん、

目黒シネマで1月2日まで上映中なので、スクリーンで見るというテもありますよ。映像が独特なので、スクリーンで見るのもいいと思います。目黒シネマ、二本立てで、同時上映の「僕らのミライへ逆回転」というのがまたなつかしめのストーリーだったりします。
http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/#

でも、DVDもいいですね。特典で監督の解説とか入ってるらしいので、おもしろそう。何度も見たい感じの映画でもあるし、どっちも捨てがたいです。機内での時間をもてあましそうなら、DVDもやっぱりいいかもしれません。

知らない曲も結構あったので、私は itunes store でサントラを買ってしまいました(^^)。聞きながら、年末の掃除をがんばります(^^;)。

投稿: じゃりんこ | 2008.12.23 13:09

こんばんは!じゃりんこさん。
私も映画館で観ました。この映画の上映中は(地元では)あまり話題になっていなかったのですが、最近は女性誌でDVDが何度も紹介されていますね。

セディ役を演じた女性は、この映画のオーディション?で発掘された無名の歌手だったのですよね。他の俳優さんたちも歌が上手くて驚きました。

途中「いちご白書」のオマージュみたいな場面があったり、サーカスのテント小屋みたいな場所に迷い込むシーンなど、映像も楽しかったですね。

リンクした私の感想に「アメリカの自作自演」と書いていますが、日本も中国大陸で似たようなことをしています。戦争を始めるための正当な理由なんてめったにないのかも・・・。

旅好きなじゃりんこさんには、「落下の王国」もおすすめです。物語が世界遺産になっている場所を転々としながら進むのです。

投稿: PFC | 2008.12.23 19:51

PFC さんもご覧になっていたんですね(^^)。私は全然視野に入っていませんでした。「僕らのミライへ逆回転」というのがおもしろい、という話を聞いて、それを見られる映画館を探したら、この映画が併映になっていたのでついでに見たんです。そしたらこっちのほうがおもしろかった(^^)。ほんと、みんな歌うまかったですよねぇ。ビートルズを他の人が歌うのもいいものだなぁと思いました。

PFC さんの感想、「みんなの世界は多様な価値観で成立しているので、愛だけでは通用しないのです。多様な価値観を認められない一神教的価値観が「愛」であり、今や愛のために世界が破滅へ向かおうとしているとすら言えるのです。」というのはおもしろいな、と思いました。でも、本当に「愛」を実践するのなら、問題は解決しそうな気もするんですが。キリスト教は愛を説いているのに、でも、キリスト教国のアメリカは愛を実践しているようには見えませんよね。キリスト教の歴史はどうしてそんなに血なまぐさいものになっているのか、ずっと疑問に思っています。そういえば、仏教では「愛」ってもともとはあんまりいい意味で使われませんね...

「落下の王国」っていうのも全然視野に入っていませんでした。教えてくださってありがとうございます(^^)。DVDが出たら見てみたいと思います。

投稿: じゃりんこ | 2008.12.23 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17663/43499897

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アクロス・ザ・ユニバース」:

« ナクバとホロコースト | トップページ | アンクル・サム(英語) »